女性の薄毛対策女性と男性では、薄毛になる部分や原因が違います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存知でしたか?男性と女性の「薄毛」の違い

ご存知でしたか?男性と女性の「薄毛」の違い

現代社会において、今や男性だけの悩みではなく、男女ともに挙げられる「薄毛」の悩み。しかし、薄毛は男女でそれぞれ違う特徴があることはご存知でしたか?確かに、一言で薄毛と言っても、男性は禿げてゆくイメージが強いのに対し、女性はハゲるというより、地肌の透けを気にするというイメージがありますね。実は、男性と女性では、薄毛の始まりかたや進行のしかたが違うのです。

では、どのような違いや特徴があり、また、どうしてその違いが起こるのでしょうか。男女で違う「薄毛」についてご紹介します。

男性の薄毛の特徴とは?

抜け毛が多くなり、経過とともに頭頂部が薄くなる、額がいつのまにか後退…といった症状が特徴の男性型脱毛症(AGA)は、主に男性ホルモンの増加が原因であるとされています。

ジヒドロステロン(DHT)という男性ホルモンの一種は、髪の毛を生み出す毛根部の細胞を弱らせてしまう作用があるのです。そのため、髪をうぶ毛のように変えてしまい、抜けたあとには生えてこなくなってしまうという一面があります。また、男性は遺伝による影響も強く受けることも特徴です。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

では、女性の薄毛とは…?

では、女性の薄毛とは…?

女性の体にも微量の男性ホルモンは存在していますが、男性ほどホルモンの影響は受けません。女性の薄毛は多くが「加齢」の影響によるもので、症状も激しい抜け毛ではなく、髪全体が細くなりボリュームを失うことで、分け目やつむじの地肌が透けた状態になってしまうのです。

エストロゲンという女性ホルモンは、女性らしい体のほか、骨や毛髪の成長に関わる役割を担っています。加齢によりエストロゲンが減少すると、毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪が細くなるという現象に結びつくのです。

また、不規則な生活習慣や食生活、パーマや染色、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、女性の薄毛は加齢以外にも多くの要因があります。

大切なのは男女それぞれに適切なケア

大切なのは男女それぞれに適切なケア

特徴や要因が違うことから、薄毛の進行を抑え改善へと向かうためには、それぞれに適したケアを取り入れることが大切になります。

女性の薄毛対策は生活環境の改善やストレスの緩和も大きなカギとなっていますので、遺伝の影響を強く受ける男性よりも改善しやすい傾向があることも違いのひとつと言えるでしょう。よって、むやみに男性用の育毛剤を使用することなどは避け、女性には女性に適したヘアケアが必要です。

日常生活でどうしても人目に触れてしまう薄毛。気にしすぎるとさらなるストレスへとつながってしまう場合もあります。ひとりで悩まずに専門家のアドバイスを受けてみることも、正しいヘアケア方法を知るきっかけとなるでしょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の薄毛対策の記事一覧