女性の脱毛症とは?女性のヘアロス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性のヘアロス

ヘアロスとは

「ヘアロス」とはヘア(髪)がロス(抜ける・薄くなる)すること。つまり、薄毛が進行することを「ヘアロス」と呼びますが、今回はヘアロス問題解決に向けて、知っておくべき正しい知識をまとめました。
一人で不安になる前に、こちらの内容を参考にしながらヘアロス解決に向けての知識を深めていきましょう。

▶ 働く女性のヘアロス問題
▶ 産後のヘアロス問題

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

これってヘアロス?気になるヘアロスの見分け方

女性薄毛の原因は様々なうえ、薄毛が進行していると感じる瞬間は人それぞれ違います。では一体、髪の毛や頭皮にどのような変化が起こると”ヘアロス”と認識すべきなのでしょうか。ここで、ヘアロスといえる症状を一つずつ確認していきたいと思います。ご自身の状況と照らし合わせてみましょう。

抜け毛が6ヶ月以上続いている
抜け毛が6ヶ月以上続く場合は、脱毛症の症状として認められます。髪の毛が徐々に抜けていくのが特徴のひとつ。6ヶ月以上も続いているケースは、ヘアロスが始まっている可能性が高いです。
1日を通して100本以上の毛が抜けている
1日に何本毛が抜けているかわからない方もいるでしょうが、ヘアブラシに付いた髪の毛・入浴時の抜け毛の状態を確認した際に、あきらかに以前よりも抜け毛が増えたと感じた場合は、ヘアロスに当てはまるといえるでしょう。
頭頂部や生え際の薄毛が目立ってきた
ヘアロスで悩む多くの方が頭頂部や生え際の抜け毛を認識しています。 当院では、ご自身の“気になる薄毛箇所”に関するアンケートを実施したところ、頭頂部の薄毛は62.5%、生え際は57.7%と、多くの方が頭頂部と生え際の抜け毛を確認していることがわかります。

気になる薄毛箇所患者さまアンケートグラフ

ヘアロスは遺伝によるものが多い

上記とは別に、”家族の薄毛”に関するアンケートを実施したところ、ご自身の父親が薄毛であると答えた方は55.1%、母親は27.1%であることがわかりました。反対に両親をはじめ、兄弟や親戚を含めて薄毛の人がいないと答えた方はわずか8.5%です。こちらの結果からもわかるように、ヘアロスは遺伝によるものが多いことが判明しています。ただし、原因は他にも考えられるケースもあります。なかには遺伝に関係なくヘアロスを引き起こす場合があることを覚えておきましょう。

家族の薄毛に関するアンケートグラフ

ヘアロスの原因は様々

ヘアロスの原因は、大きく以下の3つに分けられます。

頭皮の血流低下
ホルモンバランスの乱れ
毛髪の成長に関係する組織の炎症

血流の低下は、毛髪が育つための栄養分がきちんと届かなくなる原因になります。ホルモンバランスの乱れは皮脂の過剰分泌に繋がり、脱毛を加速させることに。また、毛髪を成長させるために存在する組織が炎症をおこすことでヘアロスを招くことがわかっています。女性薄毛は、遺伝によるものに加え、生活習慣や加齢に関することなど様々な原因が考えられます。

心配しないで!ヘアロスは解決できる

抜け毛が続くことで、ヘアロスに対する不安が大きくなる方もいるでしょう。しかし、薄毛に関する悩みを抱えている女性は年々増加しているほど、ヘアロスは珍しいことではないのです。大切なのはヘアロスの原因を突き止めて、正しい治療を施すこと。はじめは勇気がいるかもしれませんが、1人で悩まずに女性薄毛治療専門のクリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか。

前述のとおり、女性薄毛には様々な原因が挙げられます。一人一人に合った治療を受けることで多くのヘアロスは解決できます。また、男性と違って女性の場合は、一本残らず髪の毛が抜け落ちることはありません。「なんだか薄くなってきたかも」と感じた時は、早い段階で治療を始めることをオススメします。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の脱毛症とは?の記事一覧