1分アンケート

薄毛・抜け毛の悩みの原因【医師監修】つむじや頭頂部の薄毛の原因や改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お気に入りのヘアスタイルが決まらなくなってきた、髪型にボリュームが出ない……。そんな髪の悩みは、もしかしてつむじや頭頂部の薄毛が原因かもしれません。頭頂部は自分で見ることが少ないため、薄毛になっていても気づきにくい傾向があります。この記事では薄毛が進行しているつむじの特徴やケア方法などを紹介しますので、自分のつむじを確かめてみてください。

正常なつむじと薄毛が進行しているつむじの違い

まずは手鏡などを使って普段見えにくい部分を見て、つむじの薄毛が進行していないか確かめてみましょう。正常なつむじと薄毛が進行しているつむじの特徴を紹介します。

正常なつむじの特徴

正常なつむじは、つむじ部分にも髪の毛が生えていて、地肌の見える範囲が少ないです。またつむじ部分の髪の毛が細かったり柔らかかったりということがなく、髪質が周囲の髪の毛と同じという特徴があります。このようなつむじの場合は、今のところつむじの薄毛の心配はないといえるでしょう。

薄毛が進行しているつむじの特徴

つむじの薄毛が進行すると、その部分から生える髪の毛が細く柔らかくなります。そのため髪の毛の密度が下がり、頭皮が目立ちやすくなります。また頭皮環境の悪さが原因で薄毛になっている場合、つむじ部分の頭皮が炎症を起こし、赤くなってしまうこともあります。

このようにつむじの薄毛が始まっていても、原因を知って対策をすることで改善できる可能性があります。どんな理由や対策があるかを見ていきましょう。

つむじや頭頂部が薄毛になる理由

この項目では、つむじや頭頂部の薄毛が起こる理由として考えられることを紹介します。当てはまるものがないか、生活を振り返ってみてください。

ストレス

ストレスで薄毛になるというイメージはあるものの、実際はどんなメカニズムで薄毛になるのか知らない方も多いのではないでしょうか。ストレスがたまると自律神経が乱れ、血行が悪くなります。そのため、髪の毛を育てる栄養が行き届きにくくなり、薄毛の原因になってしまうのです。つむじはもともと血行が悪くなりやすい部分のため、ストレスの影響をより受けやすいといえるでしょう。

食生活の乱れ

偏食や過度なダイエットなどで食生活が乱れることも、つむじや頭頂部の薄毛の原因となります。過度なダイエットで食事の量や回数を極端に減らすと、栄養不足を引き起こし、髪の毛の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。また一日三食の食事をきちんととっているつもりでも、好きなものばかり食べるなど偏った食生活を続けていると、必要な栄養が足りなくなることも考えられます。

ではとにかくたくさん食べればいいのかというと、食べ過ぎも薄毛を引き起こす恐れがあります。食べ過ぎは内臓への負担となって栄養素を吸収しにくくなるほか、塩分や脂肪分の過剰摂取にもつながります。

睡眠不足

仕事や家事、育児などで忙しく、睡眠時間が削られている女性は多いのではないでしょうか。しかし睡眠不足も薄毛を招く可能性があるため要注意です。

紫外線などでダメージを受けた髪の毛を修復し、新しい髪の毛を生み出すための成長ホルモンは、眠っている間にたくさん分泌されるといわれています。そのため睡眠不足が続くと成長ホルモンが足りなくなり、薄毛につながりやすくなります。

喫煙

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があります。そのため喫煙は血流の悪化を招き、頭皮や髪の毛に栄養が届きにくくなって、つむじや頭頂部の薄毛の原因となります。ほかにも、タバコを吸うことで体内のビタミンCが大量に消費されてしまうため、食生活の見直しが役立ちにくくなる可能性が高くなります。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

0120-820-417
電話相談・ご予約
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

つむじや頭頂部の薄毛治療法

つむじや頭頂部の薄毛を専門クリニックで相談した場合、どのような薄毛治療を受けられるのでしょうか。

一般的には問診や診察などで様子を見たうえで、原因に合わせた治療を行います。治療方法には下記のようなものが挙げられます。

【薬物療法】治療薬や抗炎症剤などを用いて治療を行います。
【メソセラピー】有効成分を配合した薬剤を、注射などで直接頭皮に注入します。
【自毛植毛】薄毛の影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪を毛根や頭皮ごと採取し、薄毛が気になる部分に移植します。

毎日のヘアケアと生活習慣改善

「薄毛が始まっているかも……」と不安になってしまった方に、薄毛の改善が期待できるヘアケアと生活習慣の見直しについて紹介します。今日からに始められることも多いので、できることから挑戦してみてください。

ヘアケア1.シャンプーの見直し

毎日行うシャンプーですが、方法が誤っていると髪や地肌にダメージを蓄積させてしまうことになりかねません。正しいシャンプー方法を見直し、ぜひ今日から実践してみてください。

正しいシャンプー方法

1.頭皮をマッサージするように、たっぷりのお湯で湯洗いをする。
2.500円玉ほどの大きさでシャンプーを手に取り、お湯を含ませてよく泡立てる。
3.頭部全体になじませ、爪を立てないようにしながら頭皮を中心によく洗う。
4.耳の裏や生え際など、すすぎ残しのないようにたっぷりのお湯で洗い流す。

シャンプーの選び方

頭皮が乾燥しているのに洗浄力が強すぎるシャンプーを使うなど、自分に合わないシャンプーを使うのも薄毛を進行させる原因となります。パッケージや香りなどで選びがちなシャンプーですが、配合している成分などをよく見て、自分に合ったシャンプーを使うよう心がけると良いでしょう。薄毛対策をしたい方には、頭皮や髪の潤いを保ちながらやさしく洗えるアミノ酸系洗浄料を使ったシャンプーがおすすめです。

ヘアケア2.育毛剤の使用

頭皮環境が乱れていたり、炎症が起きていたりする場合に特におすすめなのが育毛剤の使用です。育毛剤は頭皮環境を整えて、健やかな髪の毛を育てやすくする働きが期待できます。ドラッグストアなどでも気軽に手に取ることができますので、ヘアケアに取り入れてみてください。

ヘアケア3.頭皮マッサージ

薄毛になる理由の項目でも解説したように、血行不良は髪の毛が育ちにくくなる原因になります。頭皮マッサージは血流を促進するとともに、新陳代謝を活発にし、ストレスの緩和が期待できるなど、さまざまなメリットが期待できるケア方法です。

マッサージは爪を立てるのではなく指の腹を使い、髪の間から指を差し込んで、頭皮を直接動かすイメージで行います。バスタイムや寝る前などのリラックスタイムに行うよう決めると、毎日忘れずにコツコツ続けやすくなるためおすすめです。

ヘアケア4.ヘアスタイルの見直し

毎日同じ髪型でいることにより、髪の毛や頭皮に負担がかかって薄毛を招くことがあります。いつも同じ部分に負担がかかるヘアスタイルにしていないかを見直しましょう。つむじや頭頂部の薄毛の場合、特につむじ部分を引っ張って結ぶようなヘアスタイルに注意が必要です。

生活習慣改善1.ストレスを緩和する

血流を促進するためにも、意識してストレスを解消できるようにしましょう。親しい友人と会話する、自然の多い場所へ旅行に出かけるなど、自分なりの解消方法を見つけるのがおすすめです。ストレス解消方法がわからないという場合、ジョギングなどで軽く体を動かす習慣をつけると、ストレス解消とともに血行促進にもつながります。

生活習慣改善2.食生活を見直す

一日三食、栄養バランスの取れた食事をとるのが理想的です。髪の毛に良い食材として髪の毛の原料となるたんぱく質、髪の毛を合成する際に必要な亜鉛などのミネラル類、頭皮環境を整えるなどさまざまな役割を果たすビタミン類などが挙げられます。これらの栄養素を意識し、たくさんの食材を組み合わせたメニューにすると良いでしょう。

「そうは言っても忙しくて外食が多くなってしまう……」という場合には、できるだけ品数が多い定食などのメニューにする、サラダなどの野菜をしっかり食べるなどの工夫を心がけて下さい。

生活習慣改善3.良質な睡眠をとる

毎日きちんと睡眠時間を確保することで、ストレスを和らげるとともに、髪の毛を育てる成長ホルモンの分泌に期待できます。成長ホルモンは入眠から3時間以内に多く分泌されると考えられているため、最低でも4時間の睡眠時間を確保するのが望ましいです。

また良質な睡眠をとることも大切です。せっかく睡眠時間を確保したのに、眠りが浅くて何度も目を覚ましてしまわないよう、ぐっすり眠りやすい状態をつくることも重視しましょう。寝る直前に食事をしない、パソコンやスマートフォンなどの操作は眠る1時間前までにする、光や音が入らないよう寝室環境を整えるなどの対策がおすすめです。

生活習慣改善4.喫煙習慣を見直す

血流の悪化を招き、ビタミンCをたくさん消費する喫煙はできるだけ控えるのがおすすめです。しかし一気にやめようとしてもやめられず、かえってストレスが増して喫煙が増える恐れあります。無理のない範囲で少しずつ本数を減らしてみましょう。

Summaryまとめ
つむじや頭頂部の薄毛は自分では気づきにくく、見つけたときにはかなり進行してしまっていたということもあります。しかし気がつけば、そこから対策をして改善を目指すことができます。ヘアケアや生活習慣の改善を行い、つむじの健康な髪の毛を取り戻せるようにしましょう。

セルフケアで変化が見られなかったり、何が原因で薄毛になっているのかわからなかったりする場合は、専門のクリニックでカウンセリングを受けましょう。一人で抱え込まずに相談することで、ストレスの緩和にもつながります。AGAスキンクリニックレディース院では無料カウンセリングを行っておりますので、気軽に利用してみてください。

合わせて読みたいつむじの薄毛に関する記事

薄くなってきたつむじが気になる方には、こちらの記事もおすすめです。さまざまな薄毛の治療方法を知り、好きなヘアスタイルで楽しく外出できるようにしましょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問田中洋平医師

【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断イメージ
電話相談・ご予約
0120-820-417
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛・抜け毛の悩みの原因の記事一覧