1分アンケート

薄毛・抜け毛の病気【医師監修】脂漏性脱毛症とは。頭皮がべたつく原因と治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

頭皮がべたつく、脂っこいなど、お悩みの方は少なくありません。頭皮のべたつきが悪化すると臭いやかゆみを招くこともあるため、放置するのは危険です。

頭皮がべたつく原因の一つとしては、脂漏性脱毛症が挙げられます。この記事では、頭皮がべたつく原因や治療法、脂漏性脱毛症などについて解説しています。

脂漏性脱毛症とは

脂漏(しろう)性脱毛症とは、脂漏性皮膚炎から起こる脱毛症のひとつ。脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌が原因で頭皮がべたつく病気で、ニキビ、炎症、湿疹などを招きます。その結果頭皮環境が悪化し、抜け毛が進行してしまうことを脂漏性脱毛症といいます。

思春期以降に症状が現れる方が多く、さらに高温・多湿で紫外線が強くなる夏の時期は、症状が悪化する方も少なくありません。

放置していても治る病気ではないため、早めに病院に訪れることが大切です。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

0120-820-417
電話相談・ご予約
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

脂漏性脱毛症の原因はカビ

脂漏性脱毛症の原因は、ホルモンバランスの乱れや洗髪のしすぎなど複数ありますが、カビ(真菌)が関係しているケースがあります。カビと聞いて驚く方も多いかと思いますが、マラセチアと呼ばれる常在菌といって誰にでもあるものです。健康時には問題はありませんが、皮脂や汗をエサに増えることで炎症を起こします。

頭皮だけではなく顔や首、胸、背中などに炎症が広がるケースもあり、肌トラブルとして悩む方は少なくありません。

脂漏性脱毛症の症状

脂漏性脱毛症の主な症状について、見ていきましょう。

フケ

シャンプーをしっかりしているのに、フケが多く出ることがあります。フケが気になると、シャンプーの回数を増やしてしまう方もいますが、余計に症状を悪化させる恐れがあります。頭皮や肌は乾燥すると保護するため、さらに皮脂を分泌します。そのため、過剰な洗髪は逆効果といえます。

また、フケは白くパラパラとしたイメージがありますが、脂漏性皮膚炎を発症している場合は、黄色味のあるベタベタしたフケが現れます。フケが大量に発生することで、毛穴の詰まりや頭皮環境が悪化し、抜け毛へと繋がります。

炎症やにきび

頭皮に炎症が起こると、かゆみや痛みを生じることもあります。かゆみがあるとつい頭を掻いてしたっまり、シャンプー時も力を入れてしまったりすると、さらにかゆみが起こります。そのほか、頭にできものやニキビが発生することもあります。

脂漏性脱毛症になりやすい人の特徴

脂漏性脱毛症を招きやすい人の特徴として、不規則な生活習慣や間違った洗髪方法が挙げられます。

生活習慣

揚げ物や脂身の多いお肉など、脂っこい食事を好む人は、脂質を多く摂りすぎていることから、脂漏性脱毛症を招いている恐れがあります。

睡眠時間が短い、睡眠の質が悪い場合、ホルモンバランスの乱れや成長ホルモンの分泌が減り、頭皮の健康状態が悪くなります。

そのほか、過度なストレスや喫煙、飲酒などが挙げられます。

間違った洗髪

先述していますが、頭皮のべたつきやかゆみ、フケなどが気になると、シャンプーの回数を増やしたり、ゴシゴシ洗ったりする方がいます。しかし、皮脂の分泌や炎症を悪化させてしまい、脂漏性脱毛症を招きます。

脂漏性脱毛症の治療法

カビ(マラセチア)が原因で脂漏性脱毛症を発症している場合、一般的にはステロイドや抗真菌薬にて治療を行います。

ステロイドは強い作用があるため、長期間の使用には注意が必要となります。病院では弱めのステロイドを処方することもありますが、用量や回数をしっかり守る必要があります。

抗真菌薬は、マラセチアを抑える作用のある薬です。ステロイドの使用に不安がある方は、抗真菌薬での治療を相談してみましょう。

そのほか、頭皮や肌の状態に応じて抗生物質やビタミン、尿素が配合されたローションなどが処方されるケースもあります。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

0120-820-417
電話相談・ご予約
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

脂漏性脱毛症を改善するには

脂漏性脱毛症は病院に受診するとともに、生活習慣などの見直しも大切です。

食生活の改善

脂っこい食事は過剰な皮脂を分泌させてしまうため、外食やコンビニ食はできるだけ避けましょう。そのほか、コーヒーやアルコール、辛い食べ物は頭皮や肌に刺激を与えてしまうため、症状が気になるときは避けた方が無難です。

和食を中心とした献立や、ビタミンが豊富に含まれている食材などを意識して食べましょう。特に、ビタミンB2やB6は皮脂を減少させる役割を持っています。

正しい洗髪

過剰な洗髪は逆効果ですが、頭皮や肌を清潔に保つ必要があります。顔にも脂漏性皮膚炎の症状がある場合、朝晩の1日2回の洗顔と1日1回の洗髪を行います。

その際、頭皮をゴシゴシと洗うのではなく、指の腹でやさしく洗ってください。爪を立てたり、強くこすったりすると頭皮を痛めしまい、脂漏性脱毛症を悪化させてしまいます。

早めに受診を検討する

食生活や洗髪など、自身で行える方法をお伝えしましたが、まずは病院で診察を受けることが大切です。脱毛症は複数の要因から起こっているケースも多く、しっかりと原因を知ることが大切です。女性の脱毛症はびまん性脱毛症やFAGA(女性男性型脱毛症)などがあり、脂漏性脱毛症と同時に発症している恐れもあります。

病院で抜け毛や薄毛に原因をしっかりと検査し、症状に合わせた治療を行いましょう。

Summaryまとめ
脂漏性皮膚炎から毛穴の詰まりや炎症など、頭皮環境の悪化から起こる脂漏性脱毛症。原因は複数ありますが、カビ(マラセチア)が増殖している恐れもあります。

頭皮のべたつき、黄色味のあるフケ、かゆみや炎症などの症状がある場合、早めに病院を受診してください。

関連記事

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断イメージ
電話相談・ご予約
0120-820-417
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛・抜け毛の病気の記事一覧