1分アンケート

薄毛・抜け毛の病気【医師監修】女性の円形脱毛症とは。原因や種類、改善方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ヘアスタイルやおしゃれを気にする女性にとって、薄毛や抜け毛は美容の大敵です。もしも急に円形脱毛症になってしまったらショックが大きいですよね。では円形脱毛症はどうすれば改善するのでしょうか。この記事では円形脱毛症の種類や原因、予防や対策などを紹介します。「円形脱毛症になってしまったかも……」と不安に感じている方や改善方法を知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

円形脱毛症とは

円形脱毛症は、円形や楕円形に髪の毛が抜ける脱毛症です。ゆっくり進行していく薄毛と違って、前触れなく突然髪の毛が抜け落ちるのが特徴です。誰にでも発症する恐れがありますが、男性よりも女性に多い傾向にあります。

円形脱毛症の種類

円形脱毛症は5種類に分類できるとされています。どんな種類があるのか、自分の円形脱毛症はどれに当てはまるのかを確認してみましょう。

【単発型】円形または楕円形の脱毛が一か所に起こる円形脱毛症です。進行すると範囲が広くなったり、後述の多発型に変化したりします。
【多発型】円形または楕円形の脱毛が複数個所に起こる円形脱毛症です。
【蛇行型】側頭部から後頭部の生え際が帯状に脱毛する円形脱毛症です。
【全頭型】多発型の円形脱毛症が拡大することで、髪の毛がすべて抜け落ちる円形脱毛症です。
【汎発型】髪の毛だけでなく、まゆ毛やまつ毛など他の体毛も抜け落ちる円形脱毛症です。

円形脱毛症の原因

過去には「ストレスで円形脱毛症になる」というイメージが強い傾向にありましたが、実際は円形脱毛症にはさまざまな原因が考えられています。どのような原因があるのかを見ていきましょう。

自己免疫疾患

円形脱毛症の原因として有力だと考えられているのは免疫の異常です。本来であれば免疫は、外部の病原体や細菌などから身体を守るはたらきをしています。しかし免疫が異常を起こし、自分の細胞を異物として攻撃してしまうのが自己免疫疾患です。毛根の細胞が攻撃を受けることで髪の毛が抜け円形脱毛症となります。

ストレス

ストレスと円形脱毛症には関係があるとされています。

日常生活で精神的ストレスを受けると、ストレスに対抗するために交感神経の働きが活性化します。しかし強すぎるストレスや継続的なストレスで、交感神経に異常をきたしてしまうと、血管が収縮することで頭皮や髪の毛に栄養が行き届かなくなることが考えられます。そこから髪の毛の健康な成長に悪影響を及ぼし、円形脱毛症が生じる場合があります。

ほかにもストレスには、脱毛の原因となる自己免疫疾患や内分泌疾患などを引き起こすおそれがあります。

アトピー素因

円形脱毛症の患者さんの40%以上がアトピー素因を持っているといわれています。アトピー素因とは、気管支炎やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアトピー性疾患のことを指します。患者さん本人がアトピー素因を持っていなくても、患者さんの家族が持っているケースが多くみられることから、円形脱毛症との関係が考えられています。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは発毛に関係しているため、急な減少が抜け毛に大きな影響を及ぼします。特に注意が必要なのは出産後です。妊婦さんの女性ホルモン値は通常の100倍以上に増加していますが、出産とともに一気に減少して通常の値に戻ります。そのため出産から3~4ヶ月ほど後に抜け毛がみられることがあります。髪の毛全体のボリュームが減る産後脱毛が起こるケースが多いですが、アトピー素因がある場合など、円形脱毛症を発症することがあります。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

0120-820-417
電話相談・ご予約
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

円形脱毛症の予防法と対策

円形脱毛症にならないためにできる予防法や、なってしまった後の対策を紹介します。円形脱毛症の悩みを解消するため、今日から取り入れてみてください。

予防法1.ストレスをためこまない

原因の項目でも紹介したように、ストレスをためこむことで円形脱毛症を招いてしまう可能性があります。好きな趣味に打ち込む、軽い運動をする、親しい人と会話する時間を設けるなど、自分なりの方法でストレスを発散できるようにしましょう。

予防法2.頭皮マッサージをする

頭皮マッサージは頭皮の血行を促進するとともに、ストレスの緩和や新陳代謝の活性化などが期待できます。頭皮マッサージの際には髪の毛の間に指を差し入れ、頭皮を直接つかむようにして頭皮を動かしましょう。爪を立てて頭皮を傷つけないように気をつけるのがポイントです。

対策法1.医療機関に相談する

円形脱毛症が疑われる場合、できるだけ早く医療機関に相談するのがおすすめです。はじめは一か所の円形脱毛症でも、進行すると範囲が広くなる、複数個所に拡大することが考えられるためです。医療機関では血行を改善する薬や抗アレルギー剤、育毛剤などを用いて治療を行います。円形脱毛症は、相手が医師であっても話しづらいかもしれませんが、早い段階で受診するようにしましょう。

対策法2. ウィッグや帽子を活用する

円形脱毛症を人に見られるのに抵抗を感じると、家にこもりがちになり、人と会いたくなくなることが考えられます。しかしそれが原因で運動不足に陥り、ストレスがたまって円形脱毛症の悪化を招く可能性があります。それを防ぐためにもウィッグや帽子などを活用し、円形脱毛症の部分をカバーすると良いでしょう。

ストレスと脱毛の関係性

ストレスをためることで交感神経に異常をきたし、自己免疫疾患などを引き起こして円形脱毛症の原因になることを紹介しました。しかしストレスと脱毛の関係はそれだけではありません。

ストレスをためこむことにより、自分でも無意識のうちに髪の毛やまゆ毛などを引き抜いてしまう「トリコチロマニア」という症状を引き起こす可能性があります。自分では気がつかないため、いきなり髪の毛やまゆ毛が薄くなることに驚きを感じることもあります。毛を引き抜くのをやめたいのにやめられないことから、自分を制御できないと感じて自己嫌悪に陥ってしまう場合もあります。

このように強いストレスは、さまざまな面から脱毛の原因となります。ストレスは目に見えず、はっきり計測できるものでもないため「自分は大丈夫」と考えてしまいがちです。意識してこまめにストレスを解消するよう心がけ、ストレスによる脱毛を予防していきましょう。

Summaryまとめ
円形脱毛症は急激に起きるため、発見すると強いショックや不安を抱きやすいのが特徴です。しかし医療機関で相談することにより、改善を目指すことができる症状です。円形脱毛症ができたからと過度にショックを受けたり、外出をやめたりするのではなく、適切な対処をしながら規則正しい生活を送るようにしましょう。AGAスキンクリニックでは円形脱毛症の治療を行っておりませんが、FAGAとの併用で発症している場合などもございますので、何の薄毛かハッキリしない場合などはお気軽にご相談ください。

合わせて読みたい円形脱毛症に関する記事

自分が円形脱毛症ではないかと悩んでいる方や、薄毛の症状が気になっている方には、こちらの記事もおすすめです。女性の薄毛について知って、それぞれに合った対策ができるようにしましょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問田中洋平医師

【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断イメージ
電話相談・ご予約
0120-820-417
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛・抜け毛の病気の記事一覧