女性の発毛方法女性薄毛の薬の種類と効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性薄毛の薬の種類と効果

鏡を見ていて薄毛や抜け毛が目立ち始めると、不安を感じてしまいますよね。進行を防ぐためにすぐ対策を取りたいところですが、何をすればよいかわからない方も多いのではないでしょうか?

薄毛対策には生活習慣を見直したりヘアケアを見直したりと、いろいろな方法があります。気軽に手にすることができる市販の育毛剤を試してみるという方も多いかもしれません。

ほかにも薄毛対策には、クリニックで診断を受けたうえで処方してもらう処方薬を使用するという方法があります。「薄毛という理由で病院に行くのは抵抗がある……」という方もいますが、クリニックで薬を処方してもらうことにはメリットもたくさんあります

この記事では、女性の薄毛対策の処方薬について詳しくご紹介します。クリニックで処方される薬について知って、薄毛対策に役立ててください。

クリニックで処方される薬の種類

女性の薄毛対策のためにクリニックで処方される薬には、どのようなものがあるのでしょうか。主にパントガール、女性用の外用ミノキシジルなどが挙げられます。ひとつずつ、それらの特徴を見ていきましょう。

パントガール

パントガールは内服薬で、女性の薄毛や抜け毛の改善を目的として作られているため、女性が使いやすい処方薬です。ケラチンやシスチンなどの髪や頭皮に大切な栄養素をたくさん配合しており、医薬品よりもサプリメントに近いという特徴があります。こちらも服用者の約7割が抜け毛の減少を感じていることや、副作用が起こりにくいことから、継続しやすいというメリットがあります。

女性用外用ミノキシジル

女性用外用ミノキシジルは頭皮に直接塗るタイプの薬で、現在日本で唯一「発毛成分」として認められているミノキシジルが配合されているのが大きな特徴といえます。ミノキシジルを含有する発毛剤は市販もされていますが、女性が使用するのに注意が必要な成分なため、クリニックで医師に相談したうえで処方を受けられるのは大きなメリットといえるでしょう。万が一副作用があらわれた場合にも、すぐに担当の医師に相談することができます。

オリジナル発毛薬Rebirth Lady(リバース レディ)

Rebirth Ladyとは、AGAスキンクリニック レディース院のオリジナル発毛薬です。タブレット(内服薬)とリキッド(外用薬)がセットになっているもので、治療効果は世界的にも認められています。

Rebirth Ladyのタブレットは、スピロノラクトンやミノキシジルなどが主成分です。スピロノラクトンは、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を抑制し、発毛サイクルを整える働きがあります。そのほか、ドロマイト、ビタミン、亜鉛などを配合し、発毛促進に働きかけてくれます。

市販の育毛剤と処方薬では何が違うの?

市販の育毛剤と処方薬では何が違うの?

市販の育毛剤と処方薬の大きな違いとして「一人ひとりに合わせた処方かどうか」ということが挙げられます。

市販の育毛剤は、ドラッグストアに行けば医師の診療なしで購入できることから「幅広い層が使用できるように」ということを強く意識して作られています。そのため、優先されているのは「多くの人が害なく使用できるかどうか」ということです。

いっぽう医療機関での処方薬は、患者さまの健康状態に合ったものをそれぞれに処方することから、市販薬よりも有効成分が多く配合されているものを処方してもらえることも考えられます。

例えば副作用も考えられるミノキシジルなどは、高血圧などの疾患がある場合は使用できません。逆にいうと、医師が体質などを見たうえで使用可能と判断すれば、市販のものよりミノキシジルが多めに配合された処方薬を使用できることもあります。

クリニックの処方薬がよい理由とは?

本格的な薄毛治療を考えるなら、クリニックを受診したうえで処方薬を使用することがおすすめです。では、なぜクリニックの処方薬がよいといわれるのでしょうか。それにはふたつの理由が考えられます。

まずは「内服薬は処方薬のみである」ということです。体内から成分を吸収して薄毛対策ができる内服薬は、市販で購入することができないため、クリニックを受診して必要に応じて処方してもらいましょう。

また「それぞれの原因や症状を見極めたうえで処方してもらえる」ということも処方薬のメリットです。薄毛には人それぞれの理由があり、症状も異なります。そのため市販の育毛剤を使用しても、自分の薄毛の原因と噛み合わなければ、思ったような変化は期待できません。薄毛の専門家といえる医師が原因や症状を見極めて処方してくれる処方薬は、万人に向けて作られている市販の育毛剤よりも、対処すべき原因にアプローチしやすいことが考えられます。

自己責任を確認

前の項目で「内服薬は処方薬のみ」とご紹介しましたが、海外のサイトなどでは薄毛対策用の飲み薬を通販していることがあります。ミノキシジルを配合したミノキシジルタブレットなどが挙げられます。これらは医師に相談しなくても購入できるため、「薄毛を誰かに相談するのは恥ずかしい……」と、考えている場合は頼りたくなるかもしれません。価格が安く、ネットで手軽に購入できることもあり、気になっている方もいるのではないでしょうか。

確かに個人輸入することも可能ですが、さまざまな危険性があることも忘れてはいけません。そもそも注文した商品が届かなかったり、届いても配合されている成分が記載と異なっていたり、思わぬ副作用を引き起こす可能性があるなど、懸念すべきことはとても多いです。さらに、もしも注文した品が届かなかったり副作用が起こったりしても、個人輸入の場合それらは自己責任となってしまい補償が受けられません。これらのことから、海外からの個人輸入はリスクがとても高いといえます。薄毛対策の薬を使用するなら、できるだけ個人輸入は避け、国内の専門のクリニックに相談したうえで処方してもらいましょう

効果が高いといわれる処方薬は?

効果が高いといわれる処方薬は?

処方薬のなかでも効果が高いといわれる薬として、まず「プロペシア」が挙げられます。市販の多くの育毛剤は、頭皮環境をよくして髪の毛が育ちやすいようにする、サポートの役割を担っています。プロペシアは、薄毛を進行させてしまう男性ホルモンを抑え、直接の原因に作用する働きがあるとされているためです。

しかし、プロペシアは女性への使用は認められていません。個人輸入や通販で購入、または家族やパートナーから譲り受けて使用しないよう注意してください。特に妊娠中の女性は、胎児に影響を与えてしまうため、触れることも禁じられています

女性の薄毛対策には「パントガール」の効果が高いといわれています。女性特有の薄毛の原因に着目し、有効な栄養分を配合している処方薬です。女性の身体のことを考えて配合された成分が頭皮環境を整え、健やかな髪の毛が育ちやすいよう補助してくれます。

どちらの処方薬も副作用が起こりにくく、初めて薄毛対策の薬を使用するという人でも使いやすいというメリットがあります。医師への相談のうえ、自分に合った処方薬を使用しましょう。

Summaryまとめ
処方薬と市販の育毛剤の違いや処方薬の種類、メリットなどをご紹介しました。
これから薄毛対策をする方はもちろん、ずっと薄毛に悩んでいて市販の育毛剤を使用しているけれど変化が見られないという方も、専門のクリニックを受診してみましょう。思わぬ薄毛の原因が見つかり、有効に作用する薬を処方してもらえる可能性があります。
また処方薬を使用する際に気をつけたいのは、「薬さえ飲んでいればいい」と考えないことです。ご紹介したように処方薬には市販の育毛剤と違うメリットがたくさんあります。しかし「処方薬はよく効くから大丈夫」と考えて乱れた生活習慣で過ごしたり、誤ったヘアケアを続けたりしていては、思ったように変化が見られないことも考えられます。処方薬を医師の指示とおりにきちんと続けるほか、生活習慣やヘアケアの見直しも行い、健康な地肌や髪の毛を育てるよう意識しましょう。
「処方薬を使ってみたい」と思った場合は、気軽に専門のクリニックを受診してみてください。女性は薄毛を相談することに抵抗を感じるケースが多いですが、女性の薄毛を専門としたクリニックも多くあり、相談しやすい環境が整っています。医師の診断をもとに処方された薬で、自分にあった薄毛対策をしましょう。

関連記事

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の発毛方法の記事一覧