今だけ!無料

薄毛・抜け毛の治療方法【医師監修】初めて薄毛治療を受ける方へ

2022/11/02 更新

20代女性の薄毛の悩みについて

鏡を見てふとヘアスタイルのボリュームのなさが気になったり、シャンプーのときに抜け毛の量が多かったりするとショックですよね。
抜け毛が気になったときは、多くの方がまずはセルフケアをしてみようと考えるのではないでしょうか。とはいえ、なかなか効果が得られないと、本当に有効なのか不安になります。
そんなとき薄毛対策のため、専門的な医療機関で治療を受けてみようと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。医師による治療は自己判断よりも頼りになりそうですが、『治療』となると敷居が高く感じてしまうこともありますよね。
しかし、薄毛は病気の兆候かもしれません。この記事では、女性の薄毛治療の種類、流れや薄毛の原因などについて解説していきます。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

女性の薄毛の原因はなに?

女性の薄毛には複数の理由があり、原因を突き止めることが大切です。どんな原因が考えられるのかを見てみましょう。

ホルモンバランスの乱れとジヒドテストステロンの増加
女性ホルモンには髪の毛を豊かにする働きがあります。そのため、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの量が過剰になったり、女性ホルモンの量が減少したりすると、髪にコシがなくなる、抜け毛が増えるなど、髪の悩みにつながります。
また、ジヒドテストステロンという、FAGA(女性男性型脱毛症)の原因物質ともいわれている男性ホルモンが増加してしまうことで、抜け毛の原因となります。
ホルモンバランスの乱れは精神的なストレスや睡眠不足、過度なダイエットといった栄養不足や体重の急激な変化などによって引き起こされます。そのため、生活習慣の見直しが改善につながります。
シャンプーのしすぎなどの過剰なヘアケア
美容のためにヘアケアを重視している女性は多く、もちろん健康で美しい髪を保つためにヘアケアは大切です。しかし、誤ったヘアケアをしてしまっていると、逆に抜け毛の原因となります。もしも下記のようなヘアケアをしている場合は、注意が必要です。
清潔にしたいからとシャンプーをしすぎる
シャンプーのしすぎは、髪や頭皮を傷める原因となります。皮脂を落としすぎることで、逆に頭皮が過剰に皮脂を分泌してしまい、毛穴の詰まりなどのトラブルを引き起こすこともあります。シャンプーは1日1回程度にして、どうしても汚れが気になる場合は、2回目はお湯だけで洗うようにしましょう。お湯だけでも、汚れは半分以上落ちるといわれています。
シャンプーで汚れを落とすためにゴシゴシ洗う
しっかり汚れを落としたいからと強くこすって洗うと、頭皮を傷つけてしまいます。爪を立てず、指の腹で優しく洗うように気をつけましょう。また、シャンプーを泡立てずに髪にのせると、荒い残しや摩擦で髪を傷めてしまう恐れがあるため、泡立ててから洗うよう意識してください。泡立てるのが苦手という方は、泡立てネットなどの使用がおすすめです。
ドライヤーを当てすぎない
シャンプーのあとは、ドライヤーで髪の毛を乾かすのが一般的ですが、間違ったドライヤーの使い方をしていると、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいます。
髪の毛や頭皮には、肌と同じくある程度の水分が必要です。ドライヤーで完全に乾かしてしまうと、水分不足となり抜け毛や薄毛の原因になります。そのため、シャンプーのあとは、まずタオルで優しく水気をふき取ります。ゴシゴシとこすってしまうと、摩擦でダメージを与えてしまうので要注意。そして、ドライヤーは髪から20センチほど離し、異常乾燥を起こさないように、髪の毛が8割~9割程度乾くまでかけるのがおすすめです。
普段のヘアスタイルにも注目
いつも同じ分け目の髪型にしていたり、同じ位置できつく結んでいたりする場合、薄毛の原因となってしまうことがあります。分け目を変えたり、ときどきダウンスタイルにしたりと、ヘアスタイルをひと工夫して薄毛のリスクを抑えながらおしゃれを楽しんでくださいね。

他にも、女性の薄毛の原因にはさまざまなものがあります。

薄毛治療の種類

まずは、医療機関による薄毛治療にはどんな方法があるのかを見ていきましょう。

内用薬や外用薬による治療
女性の薄毛治療には、ミノキシジル、アルファトラジオールなどの成分を配合した内用薬・外用薬がよく用いられます。薄毛治療で耳にすることが多いフィナステリドという成分は、女性が使用すると副作用を起こす可能性があるため、医療機関では女性の患者さまへの使用を控える傾向にあります。
ミノキシジルは、もともと血圧降下剤として開発された成分です。しかし、のちに発毛や抜け毛を防ぐ作用が報告されるようになり、育毛成分として取り扱われるようになりました。 アルファトラジオールは、先述の女性に副作用があるとされたフィナステリドと同じ働きをする成分です。
FAGA(女性男性型脱毛症)の原因とされる、ジヒドロテストステロンという物質を抑制してくれます。作用が緩やかで、女性が使用しても副作用の心配が少ないため、FAGAの治療に用いられます。
注射などによる毛髪再生治療
注射や炭酸ガスの圧力などで薬液を注入して毛髪の再生を図る、毛髪再生医療も行われています。毛髪の再生を促す成分や、脱毛を抑制する成分、髪の成長のために必要な栄養素などを頭皮に直接投与することで、薄毛のスピーディな改善を目指します。
注射と聞くと不安を感じる方もいますが、クールセンスという緩和器具を用いて痛みを軽減する工夫を行っています。

医療機関による薄毛治療の場合、費用や期間などが気になりますよね。
詳しい情報はこちらの記事も参考にしてみてください。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

薄毛の治療はどんな流れ?

クリニックでの薄毛治療はどのような流れで行うのでしょうか。詳細は医療機関によって異なりますが、一般的な治療の流れを見てみましょう。

受診・カウンセリング
まずは血圧測定や問診などを行い、患者さまの健康状態や薄毛の原因などの確認を行います。確認した健康状態を踏まえ、治療内容や費用、注意事項などを説明したうえで、患者さまと一緒に相談しながら治療の進め方について決めていきます。
治療
さらに血液検査や事前の頭部撮影などをしたあと、患者さまに合った治療薬を処方して治療を開始します。
通院
1~2か月ごとに受診し、患者さまの頭皮や毛髪の状態の確認、治療薬の処方などを行います。クリニックによっては、発毛カクテルの注射などによる毛髪再生治療を行うこともあります。
20代女性の薄毛の悩みについて

AGAスキンクリニックレディース
おすすめシャンプーはこちら

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

まとめ

医療機関での薄毛治療の種類や女性の薄毛の原因、薄毛治療の流れなどをご紹介しました。過剰なヘアケアなどは、知らないうちにやってしまっていることも多いものです。女性の薄毛は様々な原因が考えられ、原因が分からないまま手当たり次第にセルフケアをすると、逆効果になることもあるためおすすめできません。
薄毛に気づいたら、まずは専門的な医療機関での薄毛治療を受診してみましょう。薄毛の悩みを持つ女性は増加傾向にあり、副作用の少ない、女性のための治療薬も開発されています。気軽に相談できる環境も整ってきています。
この記事で薄毛治療の流れをつかんで、FAGAを診療しているクリニックに相談してみてくださいね。

ミノキシジル配合 当院オリジナル女性用発毛薬 Rebirth Lady~リバースレディ~

髪の健康診断のご予約はこちら

open

監修医師

AGAスキンクリニックレディース
診療顧問 田中洋平医師

田中 洋平医師のプロフィール写真
【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事

監修医師プロフィールを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛・抜け毛の治療方法の記事一覧