薄毛・抜け毛の治療方法【医師監修】女性の薄毛治療におけるミノキシジルの使用の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
女性の薄毛にもミノキシジルって使っていいの?その疑問に医師が回答

女性の薄毛の悩みは、なかなか人に相談できず、インターネットなどで薄毛治療に関する情報を探すことが多いのではないでしょうか。
情報を探すと、必ずといっていいほど目に入るのが「ミノキシジル」という単語です。ですがたくさん目に入るのと同時に「女性が使用すると危険である」という情報もみられます。薄毛に効果があるなら使ってみたいという気持ちはあるけれど、女性が使っても大丈夫なのか、どんな副作用があるのか不安だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事ではミノキシジルとは何か、女性の薄毛治療にも使用していいのかなどについてご説明します。

ミノキシジルってなに?

ミノキシジルはAGAの治療効果に期待できるとされている成分です。もともとは血圧を降下させるために開発された成分ですが、副作用として多毛症が頻繁にみられたことから、育毛や発毛を目的として使用されるようになりました。現在は塗り薬に配合して使用されるのが一般的で、タブレットタイプの飲み薬もありますが、日本では一部のクリニックでしか処方されていません。

ミノキシジルの作用は、頭皮の血管を拡張させて血行を促進することにより、健康な髪の毛を育てるための栄養素をスムーズに届けて毛母細胞を活性化させるというものです。現在「発毛剤」の有効成分として認められている唯一の成分でもあり、効果が強めであるという特徴があります。

しかし効果が強めなことから、副作用も強く表れることがあります。副作用にはかゆみやかぶれ、頭痛やむくみ、めまい、動悸などがあります。事前に医師に相談するなどして、慎重に使用するのが望ましい成分です。

ミノキシジルは女性が使用してはいけないって本当?

次にミノキシジルは女性が使用してはいけないという情報について、実際はどうなのかを見ていきましょう。

ミノキシジルは男性同様に女性も使用できますが、妊娠の可能性がある女性が使用する場合は注意が必要です。

ミノキシジルは血流を良くする効果が強いことから心臓にかかる負担が大きく、妊娠中に飲むと胎児の心臓に強い負担がかかる恐れがあります。また使用中のみ血流が良くなる成分であることから、性別にかかわらず使用をやめると元の状態に戻り、薄毛が再発する場合があります。女性は出産にともなって、女性ホルモンが減少する影響で抜け毛が増えることがあるため、要因が重なってひどい薄毛に悩まされてしまう可能性があります。

これらのことから、女性がミノキシジルを使用する際には慎重になることが求められるのです。

ミノキシジルを女性が使うときの注意点

 

注意点1:妊娠する可能性がある場合は使用しない

まず、妊娠する可能性がある場合は使用しないことをおすすめします。 「妊娠中に使ってはいけないなら、妊娠してからやめればいい」と考えるかもしれません。しかし妊娠してから実際に妊娠が判明するまでには、どうしても時間がかかります。その間にミノキシジルを使用していると、知らない間に胎児に負担をかけてしまう懸念はぬぐえません。そのため妊娠する可能性があるときは、そもそもミノキシジルを使用しないのが望ましいです。 ミノキシジルを使うかどうかは、今後の妊娠の計画も踏まえ、医師に相談するなどして慎重に判断して使用するようにしましょう。

注意点2:血圧が不安定な場合は医師に相談する

記事内で解説しましたが、ミノキシジルは血流を促進することで心臓への負担が大きくなる成分です。とはいえ、AGAスキンクリニック レディース院では、めまいや血圧の変化など軽度の合併症が出た患者さまは、わずか4.9%という研究結果がでています。副作用が出る可能性はそれほど高くありませんが、普段から血圧が不安定な方や、心臓疾患があるという場合には、事前に医師へ相談してください。 自己判断での使用は、思わぬ体調の変化を招く可能性がありますので控えるようにしましょう。

注意点3:市販品の場合、男性向けの製品は使用しない

ミノキシジルを含有する発毛剤などの製品は、専門のクリニックなどで医師の診断のもとに処方されることが多いですが、市販もされています。男性向けと女性向けのものがあり、一般的に男性向け製品は濃度5%ほど、女性向け製品は濃度1%ほどと、男性向けの製品のほうがミノキシジルの濃度が高い傾向にあります。 「濃度の高いほうが効果もありそう」と考えるかもしれませんが、女性が男性向けのミノキシジル濃度の製品を使うと、副作用が強く表れて悪化させてしまう可能性があります。早く効果が表れるようにと考えて濃度の高い製品を使って、かぶれやかゆみなどの副作用で薄毛治療が継続できなくなってしまっては元も子もありません。市販の製品を使用するなら、女性向けに開発されたものを選ぶようにしましょう。

注意点4:個人輸入の海外製品には注意

前述のとおり、日本ではミノキシジルの配合された飲み薬はあまり一般的ではありませんが、海外の通販サイトを利用して個人輸入することは可能です。しかし個人輸入の医薬品は、日本での安全確認がされていないことから、健康に害を及ぼす可能性があります。そうなった場合にも、個人輸入の場合は自己責任となります。 国内で販売されているミノキシジル配合の製品でも慎重に使用する必要があります。ましてや個人輸入で入手したものを使用することは危険性が高く、おすすめできません。

注意点5:原因を把握して、場合によっては使用を控える

薄毛の原因によっては、ミノキシジルの使用が勧められない場合があります。妊娠や出産などのホルモンバランスの変化によるもの、過度なダイエットによるもの、甲状腺疾患によるものなどが挙げられます。 ミノキシジルを配合した製品を市販している製薬会社が、これらの原因による薄毛の場合には使用しないようにとアナウンスしているため、ミノキシジルの使用は避けて医師に相談しましょう。どんな原因による薄毛なのかわからないという場合にも、専門のクリニックでカウンセリングを受けるのが理想的です。

安全な薄毛治療のためにはクリニックに相談

 

自分だけで薄毛の正確な原因を把握するのは難しいため、必要に応じて女性の薄毛専門のクリニックの受診を検討してみてはいかがでしょうか。ミノキシジルが効果を発揮するタイプの薄毛なのか調べてもらえるだけでなく、頭皮や髪の毛の状態がわかることで、ミノキシジルの使用以外にもどんな薄毛治療をすべきなのか知ることができます。またミノキシジルではなく、より症状に合った薬を処方してもらえる可能性もあります。まずは気軽にカウンセリングを受けてみてください。

Summaryまとめ
ミノキシジルとはどんな成分でどんな副作用があるのか、女性が使用する際の注意点などについてご紹介しました。
ミノキシジルは「女性は絶対に使ってはいけない」という成分ではありませんが、効果が強いぶん使用には十分気をつけるべき成分です。使用するタイミングによっては自分自身だけではなく、おなかの赤ちゃんにまで悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。
また注意点の項目でも述べたとおり、原因によってはミノキシジルの使用が勧められない場合があります。そのためミノキシジルを使用する前に、自分の薄毛の原因をきちんと把握することが必要であるといえます。また、安全に薄毛治療を行うには、医療機関への受診が大切です。デリケートな問題ですが、自己判断せず薄毛治療を得意としている医療機関へ足を運んでみましょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断イメージ
電話相談・ご予約
0120-820-417
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛・抜け毛の治療方法の記事一覧