1分アンケート

薄毛・抜け毛の悩みの原因薄毛の原因を再確認~薄毛によくないことばかりしていませんか~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前は、男性が悩むものと考えられることが多かった抜け毛や薄毛。ですが現在では、女性の抜け毛の悩みも多く知られるようになり、専門のクリニックもできています。女性の抜け毛には、妊娠・出産や甲状腺疾患など、女性特有の原因も考えられます。

ここでは、薄毛の原因をもう一度おさらいしていきましょう。適切に対処するためにも、ぜひ参考にしてください。

20代~30代の女性にも薄毛で悩む人が急増中!?

もともと40代後半から増える女性の薄毛の悩み、しかし近年では20代や30代の女性でも薄毛に悩む方が増えているのです。

同じ女性の薄毛であっても、年代が異なると薄毛になる原因も異なることをご存知でしたでしょうか?

何故若者世代も薄毛に悩むのか、今回は女性が薄毛になってしまう原因を「20代~30代女性が薄毛になる原因」と「40代女性が薄毛になる原因」とに分けてそれぞれご紹介していきます。 ご自分の薄毛が気になる方はしっかりとチェックしましょう。

年代別!女性の薄毛の原因

20代~30代の薄毛の原因はホルモンバランスの乱れから生じる「男性化」、40代は更年期が挙げられます。詳しくみていきましょう。

20代~30代女性が薄毛になる原因

女性が男性化してしまう原因は女性ホルモンと男性ホルモンのバランス。一般的に女性の体内では、女性ホルモンと男性ホルモンの割合はおよそ10:1です。

女性ホルモンは髪の毛、男性ホルモンは体毛を増殖させる作用があるため、男性ホルモンの割合が高くなると薄毛になり、体毛が濃くなります。

男性ホルモンは睡眠不足や精神的なストレス、脂質の多い食事などによって分泌が促されるため、働き盛りの20代~30代に男性化が起こりやすく、若年層の薄毛が増加しているのです。

40代女性が薄毛になる原因

40代の女性の薄毛には、「閉経」によって訪れる「更年期」が大きく関係しています。

更年期には女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が極端に少なくなります。エストロゲンには毛髪を発達させる働きがあるため、このホルモンが減ってしまうと「髪の毛が細くなる」「髪の色が薄くなる」「1つの毛穴から生える髪の毛が減る」などの現象が起こります。

そのため、40代の女性の薄毛は全体的に量が減ったように見え「びまん性脱毛症」や「女性男性型脱毛症」と呼ばれます。

年代問わず女性の薄毛の原因になることとは?

いつも同じわけ方で髪の毛を分けていると、いつも同じ場所に負荷がかかるため、分け目が薄くなりやすいのです。

特に髪の毛が長い場合は、その分、わけ目にかかる負荷も高くなるため、注意が必要です。 毎日のわけ目を少し変えるだけでも、わけ目への負担は軽減されます。毎朝のスタイリング時に意識してみましょう。

女性の薄毛の原因を年代別にご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。同じ女性の薄毛でも、原因が異なればケア方法や気を付けるポイントも異なります。

自分の年代や薄毛の特徴を整理して、自分の薄毛に合った方法でケアを行いましょう。

身近な生活の中にも薄毛の原因が!?

薄毛の悩みは本人にとって、とても深刻なもの。男性、女性それぞれ特有の原因があるとされていますが、なにげない日常の生活習慣の中にも薄毛の症状に影響を及ぼしかねないリスクが潜んでいます。それを理解しないまま悩み続けていたり思い込みのケアを続けたりしていては、改善できないばかりか、かえって症状を進行させてしまうことも…。

ここでは、女性の薄毛に対して適切なケアをめざしていけるよう、日常生活の中でつい見落としがちなポイントを再確認していきましょう。

正しいケアと思い込んでいませんか?

薄毛の症状が気になりだしたとき、まずは自分自身で可能なケアを始めようとする女性が多いでしょう。頭皮の状態、特に「毛穴の詰まり」は薄毛の人が気にすることのひとつです。

過剰な皮脂分泌やフケなどにより毛穴が「角栓」で詰まる症状は、男性ホルモンの増加のほかに、まちがったヘアケアも原因と言われています。何日も洗髪しない状態はもちろん良くありませんが、皮脂やにおいが気になるからといって、1日に何度もシャンプーしたり、刺激の強いマッサージをしたりするなどの過度なケアは逆効果です。頭皮を乾燥させてしまい、かえって皮脂分泌の増加につながってしまいます。薄毛対策のためと思い込みがちなケアに落とし穴があるのですね。

習慣だからと続けている「喫煙」も原因に!?

いろいろな要因が絡み合っている薄毛の症状。今は問題なしと思っている女性でも、今後、薄毛になりうる危険要因として心配したいことといえば「喫煙習慣」です。

タバコに含まれるニコチンには血管の収縮作用があります。喫煙を続けていると頭皮の血行不良をもたらして髪の毛に十分な栄養が行き届かず、結果として薄毛になりやすくなるのです。さらに喫煙習慣には頭皮のコリが招く顔のたるみやコリ、細胞の老化を促す活性酸素の増加といったリスクがあることも見逃せません。

身近な生活の中での薄毛の原因

また、忙しさにかまけて糖質や脂質が多い外食やコンビニ食が多くなることで栄養が偏り、睡眠不足で疲労が蓄積し、ストレスからのアルコール過剰摂取で血行不良になり、と気をつけなければ生活習慣はすぐ乱れてしまいます。頭皮環境に悪影響を及ぼす要因ばかりです。

女性の薄毛の症状とは

女性薄毛の症状では髪の毛のこしがなくなってきたり、昔に比べて一本一本の髪の毛が細くなってきたりということも挙げられます。

女性が薄毛になってしまうと見た目以上に年齢を重ねているように見られどうしても第一印象で老けた女性というイメージを与えてしまいます。また、髪の毛が薄いということを気にするあまりストレスを抱えてしまい、それが原因で様々な身体の不調が生じるということも珍しくないのです。

女性が発毛薬や育毛剤を使っても無意味?

女性薄毛に悩んでいる方の中には市販の発毛剤や育毛薬を使用している方もいるでしょう。しかし、そうした市販薬を使用していてもなかなか薄毛を改善することができない、という女性が多いのは何故なのでしょうか。

まず、一つには発毛、育毛薬に過度な即効性を求めているゆえに効果がないと捉えてしまう、ということが挙げられます。発毛、育毛剤を使用すればすぐに髪の毛が生えてくる、育つと考えている方は多いのですが、実際には発毛サイクルに沿って髪の毛は育ちますから、即効性を期待するのはやめましょう。発毛は長期的なサイクルを見越して行うものなのです。

日頃からできる発毛や育毛

女性薄毛に悩む方にとってストレスというのは大敵です。ストレスを抱えてしまうとそれだけで抜け毛の原因となってしまうこともありますし、焦りから更にストレスが増大しどんどん悪いスパイラルに突入してしまうこともあるのです。

女性は子育てのことや夫のことなど家庭の悩みを胸に秘めていることもありますし、現代では外に働きに出る方も増えましたから職場の悩みやストレスを抱えている方も多いでしょう。しかし、こうしたストレスは発毛、育毛にとって百害あって一利なしですから、適度に解消できるような環境を整えておくことが重要です。

日頃からできる薄毛対策

1リラックスして質の高い睡眠を取りましょう。
2食生活を見直し、バランスよく栄養を摂りましょう。
3運動不足改善のために、適度に身体を動かしましょう。

専門家の意見を聞くのも一つの手

女性薄毛がストレスや生活習慣によるものだけならそれを改善すれば良いだけですが、女性男性型脱毛症などの場合はそれだけでは不十分です。女性男性型脱毛症は放置すればするほど症状が進行してしまいますから、FAGAの疑いがある方は一度クリニックでのカウンセリング、診察をおすすめします。

薄毛治療専門のクリニックなら良いアドバイスを貰うこともできるでしょうし、適切な対処をしてくれるかもしれません。また、クリニックが独自に開発した医薬品としての発毛、育毛剤を処方してくれることもありますから試してみる価値は充分あるのではないでしょうか。

Summaryまとめ
この記事では、女性の薄毛の原因をいろいろな観点からご紹介しました。閉経や更年期など思いもよらない原因があったかもしれません。よかれと実践しているケアが、実は薄毛の原因となりうることもご説明しました。専門のクリニックに相談し、正しい知識で、自分の髪と向き合ってみましょう。

関連記事

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問田中洋平医師

【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛・抜け毛の悩みの原因の記事一覧