女性の薄毛対策薄毛の原因は年齢?ホルモンバランスと加齢の関係性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薄毛の原因は年齢?ホルモンバランスと加齢の関係性について

洗顔やお化粧をするときなど、女性であれば一日一回は鏡を見るはずです。私たちの外見は日々変化しており、体調によっては顔色が悪く見え、徐々にしみやしわなどが目立つように。それはお肌のコンディションに限らず、髪の毛の状態にも言えることです。加齢によって髪のボリュームや質も変化していきます。ここでは、薄毛と年齢の関係性についてご紹介します。

薄毛が気になるのは何歳から?

一般的に、40代にさしかかるころから薄毛が気になってくる方が多いようです。早い方では30代から症状が出てくることもあります。まずは加齢とともに薄毛になる原因を知っておきましょう。

加齢による薄毛の原因と症状

10~20代の頃は、毛量が多いことで悩んだ経験はありませんか?髪質がくせ毛の方は特に、ヘアセットに時間がかかったかもしれませんね。しかし年月が経つと、その悩みが抜け毛や薄毛に変化する方も多いのです。加齢による薄毛の原因には、以下のようなことが考えられます。

ストレス
女性ホルモンの低下

【ストレスと薄毛】
年齢を重ねるにつれ、現代の女性には仕事に家事、育児とさまざまな負担が増えてきます。そのような日常生活のストレスによって「円形脱毛症」「びまん性脱毛症」を引き起こすことがあるのです。

円形脱毛症は、10円玉大に髪が抜け落ちてしまうもので、悪化すると頭皮全体に広がっていきます。
びまん性脱毛症は、髪の毛全体が薄くなっていく症状です。

【女性ホルモンの低下と薄毛】
女性の薄毛と加齢は切り離せない関係にあります。髪の毛の成長において、その密度は20代、太さは35歳頃がピークと言われています。40歳前後になると、出産や更年期などでホルモンバランスが乱れやすくなり、抜け毛や薄毛が目立つように。ある程度は仕方のないことでもありますが、あまりに薄毛が目立つようであれば、治療することで改善する可能性もあります。
加齢による薄毛は「壮年性脱毛症」とも言われ、女性は徐々に頭皮全体が薄くなるのが特徴です。

加齢による薄毛の対処法

まずは、「ストレス」を解消することが大切です。現代社会でストレスを溜めないことは難しいかもしれませんが、心と身体を休ませる工夫をしてみましょう。 また、ホルモンバランスの乱れは、規則正しい生活を送ることで改善することができます。バランスの良い食事をし、しっかりと睡眠をとることから初めてみましょう。適度な運動で血行を良くするのも効果的です。

「年齢のせい」と諦めないで

お肌の老化と同じように、年齢とともに髪の毛も細く薄くなっていきます。ただ、女性は男性より薄毛になりにくいと言われており、今はさまざまな治療法もあります。「年だからしょうがない・・・」と諦めるのではなく、まずは日常生活や頭皮のケア方法を見直しましょう。ただ、セルフケアには限界もありますし、思いもよらぬ危険が潜んでいる場合もあります。クリニックでは薄毛治療に特化した専門医が、カウンセリング・血液検査などを通し、その人それぞれに合った治療法をご紹介します。諦めずに治療をすれば改善することも多いので、ぜひ一度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の薄毛対策の記事一覧