1分アンケート

エイジングケア・育毛ケア【医師監修】薄毛ケアにおすすめのトリートメントの方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

薄毛が気になっている方は、トリートメントの方法を見直してはいかがでしょうか。トリートメントで髪の状態を整えることで、ボリュームがアップが期待できます。ただし、薄毛ケアに適したトリートメントを選ぶことが大切です。ここでは、薄毛ケアにおすすめのトリートメントの方法について詳しくご紹介します。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

トリートメントとは

トリートメントは、髪の内部に作用してダメージを修復するヘアケア用品です。シャンプーをして、泡を完全に洗い流してからトリートメントを使います。トリートメントを使わない場合、シャンプーや洗髪の影響でダメージを受けた髪が傷んだり、枝毛や切れ毛が起きたりする恐れがあります。

トリートメントとはコンディショナーの違い

トリートメントは、髪の内部に成分を浸透させるのに対し、コンディショナーは髪の外側に作用します。コンディショナーは、髪をコーティングすることで外部刺激に強い髪を作ることが特徴です。トリートメントで髪の内部を修復してから、コンディショナーで髪の表面をコーティングすることで、健康な髪を維持しやすくなります。

トリートメントの正しい使い方

トリートメントは、正しく使わなければ作用が発揮されません。次の手順でトリートメントを使いましょう。

シャンプーをする

まずは、シャンプーで髪と頭皮の汚れを洗い流してください。頭皮の皮脂を過剰に落とさないように、ぬるま湯で洗うことが大切です。また、アルコールシャンプーのように洗浄力が強いシャンプーを使うと、髪がダメージを受ける可能性があります。

洗い上がりがパサつく場合は、洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーを試してみてください。

タオルドライをする

シャンプー後は十分にすすいで、タオルドライをしましょう。髪がしっかり濡れている状態では、トリートメントの成分が髪の内部に浸透しづらくなります。髪を軽く絞っても水滴が出てこなくなる程度にまでタオルドライをしてください。

毛先から中間へとなじませる

トリートメントを適量手にとり、髪の毛先から中間にかけてなじませます。これは毛先が最もダメージを受けやすいためです。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

トリートメントを使用するときの注意点

トリートメントを使用するときは、次の注意点を守りましょう。

すすぎ残しがないようにする

トリートメントは、ヌルヌル感を残すため洗い流しすぎない方がよいと思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、トリートメントを十分に洗い流さなければ、かえって頭皮トラブルを招く恐れがあるのです。

トリートメントの残しがないようにすすぎましょう。その際、フェイスラインや耳の後ろなどに成分が残りやすいので、入念にすすいてください。

髪質に合ったものを使用する

トリートメントは髪を修復するヘアケア用品ですが、すべての髪に適しているわけではないため自分の髪質に合ったトリートメントを選びましょう。実際に使ってみて、洗い上がりに髪がパサつく場合は、トリートメントが合っていない可能性があります。可能であれば、テスターで試してから商品を購入しましょう。

頭皮につけない

髪の根元にはトリートメントをつけてはいけません。頭皮にぬめり気が残り、トラブルが起こる恐れがある他、ボリュームダウンして見えることもあります。トリートメントは、頭皮の保湿にも使えるようなイメージを持っているかもれませんが、実際には保湿作用はなく、頭皮に残ることで頭皮トラブルのリスクが高まります。

薄毛ケアにおすすめのトリートメントの選び方

薄毛ケアにおすすめで、自分に合ったトリートメントの選び方について、詳しくみていきましょう。

髪の状態を整える成分が含まれているものを選ぶ

トリートメントに、髪の状態を整える成分が含まれているか確認しましょう。例えば、「加水分解シルク」は、安全性に優れた成分とされており、一般的に高価なトリートメントに含まれています。

そのほか、「ポリクオタニウム-61(リピジュア)」はヒアルロン酸よりも高い保湿力があるといわれており、髪の水分量にアプローチできます。「ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルデジル)」はアミノ酸系の保湿成分で、ダメージヘアの強度を改善できるとされています。

好みの香りのもの

トリートメントは毎日使うため、好みの香りの商品を選びましょう。トリートメントは継続的に使うことで保湿作用を得られるため、快適に使えるトリートメントを選びましょう。

長く続けやすい価格帯のもの

トリートメントは長く続ける必要があるため、予算内のものを選ぶことが大切です。例えば、3,000円のトリートメントを2ヶ月に1回の頻度で購入する場合、年間18,000円の費用がかかります。途中でトリートメントの使用を止めなくてもよいように、適切に予算を設定することが大切です。

薄毛も予防できる正しい洗髪方法

薄毛を防ぐためには、正しく洗髪する必要があります。間違った方法で洗髪すると、髪がダメージを受けて枝毛や切れ毛が増えたり、ボリュームが失われたりする恐れがあるでしょう。それでは、薄毛を予防するための正しい洗髪方法をご紹介します。

ぬるま湯で洗う

熱すぎる湯は、頭皮の皮脂を過剰に洗い流したり髪にダメージを与えたりする恐れがあるため、ぬるま湯で洗うことが大切です。ぬるま湯で髪と頭皮を十分に濡らしてからシャンプーをしましょう。

シャンプーを泡立てる

シャンプー液を泡立てずに髪につけると、洗浄力が強すぎることでダメージを受ける恐れがあります。シャンプーは、手のひらで泡立てることが大切です。

やさしく丁寧に洗う

髪をゴシゴシ摩擦すると、ダメージを受けてしまいます。適度な力加減で丁寧に洗うことを心がけましょう。

泡を完全に洗い流す

頭皮や髪に泡が残ると、洗浄作用が持続することで髪がダメージを受ける恐れがあります。ぬるま湯で丁寧にすすいで、泡を完全に洗い流しましょう。これは、シャンプー後のトリートメントやコンディショナーも同様です。

育毛剤の同時使用がおすすめ

育毛剤は、頭皮環境を整えて健やかな髪の成長をサポートします。そのため、薄毛ケアに役立つトリートメントと同時に使用することで、髪と頭皮の両方を同時にケアすることができます。

薄毛のケアに悩んだら専門医療機関で相談がおすすめ

トリートメントを使うだけでは、薄毛は改善しません。ホルモンバランスの乱れ、加齢、ストレス、食生活の問題など、いろいろな要因が考えられるためまずは薄毛専門クリニックに相談することをおすすめします。

薬物療法やメソセラピーなど、さまざまな治療法を提案してもらえるため自分に合った治療を見つけやすく、結果的に薄毛の悩みが早く解消するでしょう。

Summaryまとめ
薄毛が気になる方は、トリートメントを見直すことが大切です。自分に合ったトリートメントを正しく使用すれば、髪のダメージが修復されてボリュームアップする可能性があります。ただし、薄毛の発症には生活習慣やホルモンバランス、ストレスなども関係しているため、トリートメントを見直すだけでは薄毛の解消は期待できません。少しでも薄毛が気になる方は早めに薄毛専門クリニックを受診することが大切です。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問田中洋平医師

【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたいエイジングケア・育毛ケアの記事一覧