女性の育毛ケア長期休暇の疲れと女性の頭髪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長期休暇が逆にストレスに?

長期休暇が逆にストレスに?

慌ただしい日常から解放されてのんびりと過ごす長期休暇。本来、長期休暇は、私たちにとってストレス解消法のひとつ。しかし、その休暇が長くなるとストレスが解消されるどころか、長距離の移動や生活リズムの変化、親戚づきあいや同窓会など、普段会わない人とのコミュニケーションが発生し気遣いなどで、むしろストレスを感じてしまうかもしれません。

気遣いストレスで活性酸素が増加

お正月やお盆時には、親戚付き合いや、ごあいさつ回りなどが、ストレスの筆頭に上げられたりします。たまにしか会わない人と、長時間もしくは数日にわたって向き合うことを考えると、表には出さなくても普段よりも多くの気遣いをするもの。そんなストレスがかかると、体内の活性酸素の量が増えます。活性酸素はシワなど老化の原因としてお肌などへの影響とともに女性の頭髪にも影響を与えるものです。


薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

長距離移動や高速移動による疲れ

長距離移動や高速移動による疲れ

新幹線や飛行機、車など長距離を高速で移動したりすると、どっと疲れた感じがすることありませんか?

移動時は、ただ座っているだけなのに、目的地に到着したり、帰ってきたりした時に、体が重いということがよくあります。これも活性酸素が影響しているという説があります。

人が酸素を取り込んだ際、その燃えカスとして活性酸素を発生しているため、活性酸素自体は常に体内に存在しています。身体には活性酸素消去能力(抗酸化機能)がありますが、それでも活性酸素によって細胞内のDNAは損傷し、通常の生活でもDNA の損傷は細胞あたり一日数万から数10 万個になるといわれています。ただ、このDNA 損傷は平常時であればすぐに修復されるレベルです。 紫外線や乾燥といった外的な要因で身体にストレスがかかると、体内の活性酸素の量が増えます。前述のDNA損傷時に通常の範囲で修復可能なレベルを超えてしまうため、身体に疲労感が出てしまいます。

また、移動時は、極度の乾燥した環境にさらされます。乾燥もお肌や頭皮に悪影響を与える要因の一つ。疲れやストレスに加えて、髪の毛、頭皮の健康にとって危険な状況時には、できるだけ適切なケアを行うのがベストです。

女性の薄毛は今や身近な話題に

女性の薄毛は今や身近な話題に

長期休暇中は、普段会えない友達と再会する方も多いのではないでしょうか。

久しぶりに会うとなると見た目は結構気を遣いますよね。特に、薄毛や白髪などの髪の変化は印象を大きく左右するポイントとなります。

最近では薄毛は男性だけの問題ではなくなり、テレビや雑誌などのメディアでも女性の髪の悩みが頻繁に取り上げられるようになってきています。

「10人に1人の女性が薄毛に悩んでいる」や「全国で600万人の女性が薄毛や白髪など髪の悩みがある」と言われているように、女性の薄毛の問題は思っている以上に身近なものなのです。 ネガティブなイメージが強い女性の薄毛・抜け毛ですが、思い切ってお友達やご家族など親しい方に話してみることでストレス解消にも繋がるのではないでしょうか。また、周りに相談できる人がいない場合は、女性の薄毛専門のクリニックでも無料でカウンセリング相談ができ、適した薄毛治療法・ヘアケアなどアドバイスがもらえます。

早めに誰かに相談すれば、ご自身だけではなく、周りで薄毛に悩んでいる方とも前向きに薄毛改善していけるのではないでしょうか。

今から始めれば、次の長期休暇の際には発毛・育毛促進が実感でき、見た目にも自信を持って友達や家族と一緒に過ごせるでしょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の育毛ケアの記事一覧