1分アンケート

薄毛・抜け毛の悩みの原因【医師監修】頭皮の乾燥の原因と対処方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

頭皮の乾燥に悩んでいる方は、その原因に合わせて対処することが大切です。実践する対処法が原因に合ったものでないと、乾燥がすすみ赤みや頭皮ニキビなどができる恐れがあります。頭皮の乾燥の原因は、間違ったシャンプーの仕方やストレス、栄養バランスの偏りなどさまざまです。今回は、頭皮の乾燥の原因と対処方法について詳しくご紹介します。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

頭皮が乾燥しているときの症状

頭皮が乾燥していると、次のような症状が現れます。

フケが発生

頭皮が乾燥すると、大量にフケが出る場合があります。頭皮は、ターンオーバーによって常に新しい角質細胞と置き換わっています。ターンオーバーは頭皮の新陳代謝のことです。フケの正体は、ターンオーバーのサイクルが早まったことで肌の表面に押し上げられた未熟な角質細胞とされています。

かゆみ

頭皮が乾燥すると、外部刺激から頭皮を守るバリア機能の低下を招きます。その結果、健康な頭皮であればシャットアウトできる刺激物にも反応が出てしまいかゆみが起こります。また、頭皮をかきむしることで、バリア機能がさらに低下してかゆみが悪化する恐れがあります。

抜け毛

頭皮が乾燥してバリア機能が低下すると炎症が起こりやすくなります。頭皮に強い炎症が起こると髪の成長に悪影響を及ぼし、抜け毛が増えるリスクが高まります。

においがする

頭皮が乾燥すると、水分不足によるバリア機能の低下を補うために、皮脂が過剰に分泌されます。その際、頭皮の常在菌が皮脂を分解することで、不快なにおいを発生させる場合があり、加齢臭の原因にもなると言われています。

頭皮が乾燥する原因

頭皮の乾燥を改善するには、根本の原因を突き止める必要があります。頭皮が乾燥する原因について、詳しくみていきましょう。

乾燥肌

乾燥肌は、水分と皮脂の両方が不足して、頭皮のうるおいが失われた状態です。生まれつき肌の水分と皮脂が少なくて乾燥肌になる人と、日々のケアや生活習慣が原因で乾燥肌になる人に分かれます。また、先天的な乾燥肌に後天的な要因が加わることで、ひどい乾燥が起こる場合があります。

シャンプーが合っていない

シャンプーの洗浄力が強すぎると、頭皮の水分と皮脂を過剰に奪い、乾燥を引き起こします。薬局やドラッグストアで広く販売されているアルコールシャンプーなどは、洗浄力が強いものが多く、頭皮の乾燥を招く可能性があります。

ストレス

仕事や家事、育児でストレスが溜まっていると、頭皮への血流が不足してターンオーバーのサイクルが乱れる恐れがあります。

ストレスは自律神経のバランスを崩します。交感神経が優位になると血管の収縮を招き、頭皮の血流が滞るため、必要な栄養素が行き渡らなくなります。そしてバリア機能が低下して古い角質が頭皮に留まるため、ターンオーバーが乱れる原因になります。 

栄養バランスの悪い食事

頭皮のターンオーバーを正常に保つには、タンパク質やビタミン、ミネラルなど、さまざまな栄養が必要です。食事の栄養バランスが崩れると、ターンオーバーが乱れて結果的に頭皮の乾燥を招く可能性があります。

コンビニ食や外食ばかりの食生活では、栄養バランスが偏ってしまいます。

ドライヤーによる乾燥

頭皮の近くからドライヤーを当てると、頭皮の水分が奪われて乾燥します。また、熱風は髪のパサつきも引き起こすため、正しいドライヤーの方法を確認しておくことが大切です。

頭皮の乾燥の対処方法

頭皮の乾燥は、原因に対処することで改善が期待できます。対処法について詳しくみていきましょう。

シャンプーを変える

自分に合ったシャンプーに変えることで、頭皮の乾燥が和らぐ可能性があります。シャンプーには、アルコールシャンプー・石けんシャンプー・アミノ酸系シャンプーなどがあり、それぞれ洗浄力が異なります。頭皮がひどく乾燥している場合は、アミノ酸系シャンプーを試してみましょう。

アミノ酸系シャンプーは洗浄力がマイルドなため、頭皮の水分や皮脂を適度に残す特徴があります。

食生活を見直す

頭皮のターンオーバーを整えるために、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。肉・魚・卵・大豆などからタンパク質を摂りつつ、野菜・きのこ・果物類からビタミンを摂取しましょう。 

ダイエット時はタンパク質が不足しやすい傾向にあります。肉や魚など、髪の材料となるタンパク質は量を減らしすぎないよう注意しましょう。

ドライヤーの使い方を見直す

ドライヤーを頭皮と髪から20cm以上は離して、過度に熱を加えすぎないようにしてください。また、同じ部位に熱が集中しないように、ドライヤーのヘッドを振りながら乾かしましょう。

事前に入念にタオルドライすることで、ドライヤーを当てる時間を短縮できます。その際には髪を傷めないように、柔らかいタオルで髪をはさみ込んで吸水してください。

頭皮マッサージを行う

頭皮への血流を促すために、頭皮マッサージをしましょう。シャンプーのときに、気持ちがよいと感じる部分を指の腹で刺激するだけでも、血行促進作用が期待できます。また、頭を両手10本の指でつかみ、頭皮を動かすようにマッサージするのもおすすめです。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

頭皮の乾燥を悪化させるNG行動

次のような行動は頭皮の乾燥を悪化させるため、避けることが大切です。

冷暖房が効いた室内に長時間いる

冷暖房がついていると、部屋の湿度が下がります。水分が奪われることで頭皮の乾燥が悪化するため、冷暖房が効いた室内に長時間いることは避けてください。乾燥を防ぐには、加湿器をつけて、部屋の湿度を調節することも有効です。

 

シャンプーの回数が多すぎる

シャンプーを1日2回、1回につき2回洗うなど回数が多すぎると、頭皮の水分と皮脂を過剰に奪ってしまいます。シャンプーは1日1回までとし、よほど落としづらいヘアワックスなどを使用している場合を除き、二度洗いは避けてください。

 

熱めのお湯で髪を洗っている

熱い湯は、皮脂を過剰に洗い流してしまいます。シャンプーのときは、必ずぬるま湯を使いましょう。自分に合ったシャンプーを使用していても、熱い湯を使っているうちは頭皮の乾燥は改善しづらくなります。 

 

髪の毛を乾かさない

髪の毛を乾かさずに放置すると、頭皮の常在菌が増えて炎症を引き起こし、結果的に頭皮が乾燥する恐れがあります。洗髪後は必ずタオルとドライヤーで乾かしましょう。

 

頭皮の乾燥が気になったら医師に相談を

頭皮の乾燥がひどかったり長く続いていたりする場合は、医師に相談することが大切です。乾燥を放置すると炎症が起こり、結果的に抜け毛が増える恐れがあります。頭皮の乾燥に加えて抜け毛が増えてきたと感じた場合は、薄毛の専門クリニックを受診しましょう。

Summaryまとめ
頭皮の乾燥は、フケやにおい、抜け毛など、さまざまな症状を引き起こすため、早めに対処することが大切です。日々の生活習慣やシャンプーの方法を見直すだけで改善する場合があります。今日から頭皮の乾燥の対処法を実践してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問田中洋平医師

【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛・抜け毛の悩みの原因の記事一覧