1分アンケート

エイジングケア・育毛ケア【医師監修】抜け毛を防ぐ、頭皮に優しいブラッシングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

朝起きたときやシャンプーの前、寝る前など、ブラッシングは一日に何度もするものですよね。そんなブラッシングの方法を意識したことはあるでしょうか。正しいブラッシングをすることで、抜け毛を防ぐ、きれいな髪の毛を保つなどのさまざまなメリットに期待できます。この記事ではブラッシングの作用や正しいやり方などを紹介しますので、頭皮に優しいブラッシングをするための参考にしてみてください。

ブラッシングの作用は

毎日何気なく行っていることが多いブラッシングですが、どのような作用に期待できるのでしょうか。この項目ではブラッシングのさまざまなメリットを紹介します。

作用1:髪のもつれを取る

ブラッシングの目的といえば、髪のもつれを取ることだと考えている方が多いのではないでしょうか。毛流れを整えることで髪が扱いやすくなり、スタイリングしやすくなるのは、ブラッシングの大きなメリットといえます。

作用2:髪に潤いやツヤを与える

ブラッシングには、髪に潤いやツヤを与える作用もあります。どのような仕組みで髪にツヤが出るのでしょうか。

頭皮からは乾燥を防ぐための皮脂が分泌されています。通常、この皮脂は毛根部分についているのですが、ブラッシングをすることによって髪全体に行き渡らせることができます。そのため髪の毛にツヤが出るというわけです。

作用3:髪の汚れを取り除く

ブラッシングで髪についているホコリやフケ、スタイリング剤、抜け毛などを払い落とすことができます。そのためシャンプー前にブラッシングをすることで、より汚れを落としやすくなります。毛流れを整えることで、見た目の清潔感もアップします。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

0120-820-417
電話相談・ご予約
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

正しいブラッシングの方法

さまざまなメリットがあるブラッシングですが、誤った方法で行うと頭皮や髪のダメージの原因になってしまうことも。この項目では正しいブラッシングの方法を紹介します。

方法1:ローションをつける

髪がパサパサな状態でブラッシングをすると、摩擦で髪の毛を傷つけてしまうことがあるため、事前にヘアオイルやブラッシング用のローションをつけると良いでしょう。ブラシの滑りをよくして摩擦ダメージを軽減するほか、スタイリングを長持ちさせることにも期待できますよ。このときローションやヘアオイルの代わりに水で濡らしてしまうと、髪の毛がダメージを受けやすくなってしまうので避けましょう。

方法2:毛先からブラッシングを始める

ブラッシングは毛先から始め、だんだん全体をとかしましょう。髪がもつれてブラシが引っかかる場合、そのまま無理やり引っ張ると切れ毛の原因となってしまいます。いったんブラシを離し、表面部分から少しずつ髪の毛を取って、もつれを優しくほどきましょう。それでもほどけない場合、もつれ部分の上部を押さえて毛根に余分な力がかからないようにしながらブラシでとかします。

方法3:後ろに向けてブラッシング

毛先のもつれが取れたら、全体をブラッシングしましょう。ブラッシングの方向は、顔から後ろへ向けて行います。まず耳の上部分の頭皮から後頭部へ向けてブラッシングをし、反対側も同様にブラッシングしましょう。次は少し上のこめかみ部分から行い、反対側も同様にします。最後に頭頂部から全体にかけてブラッシングして仕上げましょう。

ブラッシングする際の注意点

方法以外にも、ブラッシングをする際に注意したいことを紹介します。頭皮や髪に優しくブラッシングができるよう、気をつけてみてください。

注意点1:ブラッシングのしすぎに注意

ブラッシングにはたくさんのメリットがあることがわかりましたが、やりすぎは禁物です。髪や頭皮のダメージにつながってしまう可能性があるためです。おすすめのタイミングは「起床時」「シャンプーの前」「寝る前」の3回です。また頭皮に炎症や傷などがある場合、悪化させてしまう恐れがあるため、過剰なブラッシングには気をつけましょう。

注意点2:濡れた髪のブラッシングは避ける

シャンプーの直後など、髪の毛が濡れているときはブラッシングを避けましょう。濡れた髪は傷みやすい状態で、ブラシによる摩擦で大きなダメージを受けてしまう可能性があるためです。シャンプー後に毛流れを整えたい場合、荒歯のヘアブラシや手ぐしで優しく整えましょう。

注意点3:力任せなブラッシングはNG

ブラッシング中に絡んだ毛束に引っかかったときなど、無理やり引っ張って力任せにブラッシングをするのはやめましょう。一時的にブラシが通って髪のもつれが取れたように感じますが、枝毛や切れ毛などの原因となるほか、毛根にも負担がかかってしまいます。成長している最中の健康な髪の毛を巻き込んで引き抜いてしまう可能性もあるため、ブラシはいったん離して優しくもつれをほぐしましょう。

注意点4:ブラシは清潔に保つ

頭皮や髪の毛に優しいブラッシングをするためには、ブラシのケアも大切です。汚れたブラシを使用していると、頭皮の傷などから雑菌が入り込み、炎症を引き起こして頭皮環境が悪化してしまう可能性があります。ブラシはこまめに洗い、清潔に保つよう心がけてくださいね。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

0120-820-417
電話相談・ご予約
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

おすすめのヘアブラシ

ヘアブラシにはさまざまな種類があることをご存知でしょうか。この項目ではお悩み別におすすめのブラシを紹介します。希望に合わせたヘアブラシを選ぶことで、より快適なブラッシングをしましょう。

髪のボリュームが多い方

髪のボリュームが多い方におすすめなのは「デンマンブラシ」です。ピンの密度が低めなため髪の毛が多くても扱いやすく、髪のダメージの原因となる静電気も起こりにくいのが特徴です。複数のサイズ展開があることから、髪の長さや量に合わせて使い分けることもできます。

髪のうねりや傷みが気になる方

髪のうねりや傷みが気になる場合、頭皮への負担が少ない「クッションブラシ」がおすすめです。土台がクッションでできているため、頭皮に余分な力がかかりにくい特徴があります。クッションブラシで髪の外側からブラッシングをした後、内側からもう一度ブラッシングすることで、きれいにツヤを出しやすくなりますよ。

頭皮の毛穴詰まりやかゆみが気になる方

頭皮の毛穴詰まりやかゆみに悩んでいる方には、ピンで頭皮のマッサージができる「スカルプブラシ」がおすすめです。スカルプブラシを使ってシャンプーすると、指だけでは取り除きにくい頭皮の汚れをかき出しやすくなります

スカルプブラシはマッサージに使用もできます。まずは生え際から後頭部に向けて、顔のたるみを引き上げるイメージでブラッシングをしましょう。頭皮に少しずつ刺激を与えながらブラッシングすることで、血流アップに期待できます。

Summaryまとめ
毎日行うブラッシングに正しい手順があり、ツヤ出しなどのさまざまなメリットに期待できることをご紹介しました。適したブラシで正しくブラッシングすることで、頭皮や髪の毛の悩みを緩和しながらケアができます。ブラッシングで健康な頭皮や髪の毛を育て、抜け毛を防いで髪のおしゃれを楽しめるようにしましょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断イメージ
電話相談・ご予約
0120-820-417
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたいエイジングケア・育毛ケアの記事一覧