女性の脱毛症とは?びまん性脱毛症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

びまん性脱毛症

抜け毛や薄毛にも、症状の出方や原因などによってさまざまな種類があります。そのひとつが「びまん性脱毛症」です。髪の毛が全体的に薄くなる、地肌が透けて見えるなどの悩みで、びまん性脱毛症を疑っている方もいらっしゃるかもしれません。
では、びまん性脱毛症にはどのような症状があり、発症する原因は何なのでしょうか。 この記事では、びまん性脱毛症の特徴や症状、原因や診断方法などを解説していきますので、「もしかしたらびまん性脱毛症かも……」と感じている方はぜひ参考にしてみてください。

びまん性脱毛症とは?

女性の脱毛症のひとつで、もっとも発症しやすいものと言われています。
「びまん」とは「一面に広がる」という意味で、男性のように部分的に脱毛が進むのではなく、頭皮全体が薄くなるのが特徴です。全体が徐々に薄くなっていき、気づいたときにはかなり進行しているケースもあります。「分け目が薄くなった…」と感じたら要注意。
ダイエットやストレス、不規則な生活といったことも原因となり、20代から発症する場合も少なくありません。原因がひとつではなく、複数が複雑に絡み合っていることが多いのも女性の薄毛が男性の薄毛と違うところです。閉経という節目に向かう40代後半以降の女性で、女性ホルモンが著しく減少する際に「FAGA(女性男性型脱毛症)」という、男性のように前頭部や頭頂部から薄毛が広がる脱毛症になる方もいて、年齢から起こる「びまん性脱毛症」の1つです。

びまん性脱毛症の症状

びまん性脱毛症の症状の大きな特徴は、上記でも記載したように、頭部全体の髪の毛が薄くなってしまうことです。具体的にどのような症状が起きる可能性があるのかを記載しますので、セルフチェックしてみてください。

<びまん性脱毛症の症状>

髪のボリュームが減った
分け目が薄くなった
地肌が透けて見える
抜け毛が増えた
髪が細くなった
ヘアスタイルが決まらなくなった

以上のような症状で悩んでいる場合、びまん性脱毛症が疑われます。頭皮全体の髪の毛が薄くなるために、地肌が透けて見え、ヘアスタイルにボリュームが足りないと感じやすくなります。
また髪の毛の本数だけでなく、髪の毛自体が細く弱々しくなってしまうことも、ボリュームダウンの原因となります。びまん性脱毛症の原因のひとつである血行不良や栄養不足が、健康な髪の毛の育成を阻害してしまう可能性があるためです。
抜け毛をチェックしたときに細い毛が多いという場合は、上記の理由で健康な髪の毛が育っていなかったり、育ちきる前に抜け落ちてしまっていたりする可能性があるため、注意が必要です。

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症は、主に加齢が原因で発症します。具体的には、30代後半ぐらいから発症する女性が多いといわれています。
年齢を重ねることで女性ホルモンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが崩れてしまうためです。
しかし、びまん性脱毛症は若い女性でも発症の危険性があります。若い女性が発症する主な原因は、睡眠不足や偏った食生活などの生活習慣の乱れ、過度なダイエットによる栄養不足です。
ほかにも、ストレスをためこむことや間違ったヘアケア、カラーやパーマなどのしすぎによる髪や頭皮への負担が、びまん性脱毛症の原因となります。

それでは、原因をもとに、びまん性脱毛症を防ぐ方法をみてみましょう。
女性ホルモンの減少が原因となる、加齢によるびまん性脱毛症の場合は、女性ホルモンの働きを補うことが大切です。女性ホルモンの働きを補ってくれる、「植物性エストロゲン」とも呼ばれている大豆イソフラボンを積極的に摂取するのが良いでしょう。大豆イソフラボンは名前の通り、豆腐や豆乳などの大豆製品に多く含まれています。
若い女性の場合には、生活習慣の見直しが欠かせません。ダイエットのために偏った食生活を続けていたり、毎日夜更かしをして睡眠不足になったりしていないかを振り返ってみましょう。仕事などの都合で睡眠時間が長く確保できないという場合には、睡眠の質を上げる工夫をしてみてください。
また年齢に関わらず、過度な飲酒や喫煙は抜け毛・薄毛につながります。
過度な飲酒をすると、有害な物質を分解する際に髪の毛の育成に欠かせない栄養素を大量に消費します。また喫煙は血管を収縮させ、血流の悪化を招きます。そのため、健康な髪の毛を育てるための栄養素を届けられなくなります。飲酒・喫煙の習慣がある場合は、お酒やたばこの量を減らす、禁酒・禁煙するという対策をとるのがおすすめです。

びまん性脱毛症の検査・診断方法

びまん性脱毛症かどうかを検査する際には、普段使用している内服薬にはどんなものがあるか、原因となるようなストレスがないか、内臓の疾患などがないかを問診します。抜け毛の原因には甲状腺疾患、肝臓や腎臓などの疾患、貧血などが関連している場合があるため、必要に応じて血液検査を行うこともあります。
そのほか、頭皮チェックにて毛根や頭皮の状態、一日の抜け毛の量、髪の毛の抜けやすさの確認も行います。また、セルフ診断だけでは原因を特定することは難しく、薄毛を進行させてしまう恐れがあります。医師にしっかりと診断してもらったうえで、治療を進めることが大切です。

びまん性脱毛症にかかってしまったら

閉経による女性ホルモンの乱れは、避けられない生理現象と言えます。しかし、びまん性脱毛症はクリニックで改善することが可能です。病気になったら病院を受診するように、薄毛の症状が見られたら医師に相談をすることで正しい治療法を確認することが可能です。
そして、クリニックは「選ぶ」ことも可能です。納得いくまでカウンセリングを受け、自分に合った治療を行ってくれるクリニックを選びましょう。 髪は女性の命とも言われており、いつまでも大切にしたいものですよね。症状が軽いうちから治療を始めることが大切です。「もしかして・・・?」と思ったら、まずはお気軽にカウンセリングを受けてみましょう。

びまん性脱毛症のよくある質問

Qカラーリング、パーマ… 何だか髪が細くぺたんこになった気がする…
A頭皮へのダメージや誤ったヘアケアは若い世代の「びまん性脱毛症」の原因となります。
カラーリングやパーマは、髪の構造を変えダメージを与えます。同様に、薬剤が頭皮についてダメージを与えることもあります。特に縮毛矯正とブリーチは髪と頭皮に負担が大きいので、髪のおしゃれは楽しみたいですが、なるべく頻度をおさえるように心がけましょう。
自分の髪や頭皮がどんな状態なのか知りたい場合は、クリニックでのカウンセリングをお勧めします。無理なダイエットや偏った食生活も「びまん性脱毛症」の原因です。
Q円形脱毛症にはなっていないけれど、管理職になってから抜け毛が気になる。
A仕事や子育てで忙しいひとが多いでしょう。家事と教育に追われ、職場では男性と同じように能力を求められる… 働いているお母さんは様々なストレスを背負っています。
実は、このストレスこそ「びまん性脱毛症」の大きな原因のひとつです。ストレスが引き起こす脱毛は、円形脱毛症だけではないのです。 忙しく時間が取れない方こそ、髪の専門クリニックに相談して、一日も早く治療を開始することが、髪の悩みという新たなストレスを回避する最善の方法でしょう。
Q年齢のせい? 分け目や全体的に髪が薄くなっているような気がしていて心配。
A髪は「初期成長期→成長期→退行期→休止期」を繰り返します。成長期は髪が生えて伸びていく時期で、男性はこの時期が短くなり、太く丈夫な髪になる前に抜け落ちてしまうことで薄毛を招きます。
女性の場合は、髪の成長が止まっていつ抜けてもおかしくない休止期が長くなることが大きな原因となります。抜ける髪に対して、生えてくる量が少ないので薄毛となるのです。
頭皮をマッサージして血行を良くするといったセルフケアしかできないのが現状。でも、毛髪専門のクリニックなら、オリジナルの育毛剤などを使って髪の成長を促し休止期が長くならないよう正常なサイクルに整える治療ができます。

びまん性脱毛症治療は専門クリニックが最適

これまでびまん性脱毛症を防ぐための方法をご紹介しましたが、治療に最適なのは専門のクリニックに行くことであるといえます。
「抜け毛程度でクリニックに行くほどのことはないし……」と考える場合があるかもしれませんが、セルフケアの場合、原因が特定できていないことがほとんどです。原因がわからないままケアを行ったとしても、思ったような効果がみられないばかりか、抜け毛や薄毛を悪化させてしまう可能性もあります。
びまん性脱毛症には、さまざまな原因が絡み合っているケースもあります。例えば、栄養不足が原因かもしれないと考えて食生活を改善するよう努力したとしても、思わぬストレスが同時に原因になっている場合もあります。これでは、せっかくケアをしても、思ったような効果を得ることができません。そのため、びまん性脱毛症を治すには専門のクリニックを受診するのがベストな治療法であるといえるでしょう。

また、もしも自分だけで原因が特定できたとしても、セルフケアでは状況を改善できない場合があります。ストレスや女性ホルモンの減少などは、セルフケアだけでなんとかしようとするのが難しいケースです。特に女性の場合は、閉経による女性ホルモンの減少が避けられないため、加齢による脱毛症のリスクが高いといえます。
また、抜け毛や薄毛を気にすることがストレスとなり、それがまた抜け毛や薄毛の原因になってしまうという場合があります。このように、思いもよらないストレスで抜け毛や薄毛が悪化してしまうということもあるのです。

以前は「抜け毛・薄毛治療を受けるのは大半が男性」というイメージがあったのではないでしょうか。しかし、近年では女性向けの薄毛治療を専門としているクリニックが増えており、気軽にカウンセリングを受けることができます。女性の薄毛治療に特化していることから、自分だけでは思い至らない原因にも着目した治療を受けることができるといえるでしょう。 びまん性脱毛症は前述の通り、頭部全体の髪の毛がだんだん薄くなっていく脱毛症です。一部が一気に抜けるなどの目立った症状がないため発症に気付きにくく、気がついたときにはかなり症状が進行しているケースも考えられます。
抜け毛の量や髪のボリュームなどに違和感を覚え、少しでもびまん性脱毛症が疑われたら、早めに受診して原因を探り、医師のアドバイスのもとで治療を開始しましょう。それがスムーズにびまん性脱毛症を改善する方法のひとつです。

まとめ

抜け毛や薄毛に悩む女性に特に多いびまん性脱毛症。その特徴や症状、クリニックでの診断方法や専門のクリニックを受診するメリットなどをご紹介しました。
男性に多い抜け毛とは違い、頭全体の髪が薄くなるため、前髪の生え際がどんどん後退することは少ない脱毛症です。しかし、びまん性脱毛症は頭皮が透けて見えやすく、ヘアスタイルがなかなか決まりにくいという特徴があります。そんな状態ではせっかく女性らしいおしゃれをしても出かけるのが億劫になってしまいますよね。
そんなびまん性脱毛症の原因は、加齢による女性ホルモンの減少や生活習慣の乱れ、ストレス、ヘアケアの誤りなどさまざまです。原因が複雑に絡み合っているというケースもあります。
症状を改善するには、まず原因をきちんと特定するのが大切です。そのためには、薄毛治療を専門としているクリニックでの相談を視野に入れてみてください。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の脱毛症とは?の記事一覧