1分アンケート
  1. 【公式】 AGAスキンクリニック レディース院[FAGA] TOP>
  2. 女性の薄毛研究室~FAGA Lab~>
  3. 「薄毛・抜け毛の治療方法」記事一覧>
  4. 【医師監修】女性はプロペシアを飲めるのか。プロペシアが女性に与え...

薄毛・抜け毛の治療方法【医師監修】女性はプロペシアを飲めるのか。プロペシアが女性に与える影響とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近ヘアセットがうまくいかなくなってきた、髪を触るとスカスカでボリュームがない気がする……そんな風に感じ始めたら、薄毛対策を始めるタイミングかもしれません。薄毛や抜け毛のケアには、毎日の食事や睡眠などを見直す生活習慣の改善やヘアケアの改善、クリニックの受診、治療薬の使用などが考えられます。

薄毛や抜け毛が気になっている方は、治療薬や予防策を調べたことがあるのではないでしょうか。薄毛治療に使用されている治療薬はたくさんありますが、男性用に開発された治療薬には女性が使っても意味がないものや、身体に悪影響を及ぼすものもあります。

この記事で取りあげる「プロペシア」も、女性が使用すると危険な場合もある治療薬です。女性がプロペシアを使用するとどんなリスクがあるのか、ほかにどんな治療薬がおすすめなのか、治療薬の入手方法などを紹介します。薄毛に悩んで治療薬の使用を検討している方は、参考にしてください。

女性がプロペシアを使っても意味がない理由とは?

女性がプロペシアを使っても意味がない理由とは?

女性がプロペシアを使用しても意味がないといわれる理由には、男性と女性の抜け毛の原因が異なることが関係しています。プロペシアは男性のかかる男性型脱毛症(AGA)に作用する薬です。女性はAGAを発症しないため、服用しても意味がないと考えられています。

女性の薄毛の原因は、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌などによる頭皮環境の悪化や、過度なダイエットなどによる栄養不足などが多いといわれています。薄毛対策にプロペシアを服用するのではなく、それらの原因に対処することが大切です。

女性がプロペシアを服用すると危険って本当?

プロペシアは男性ホルモンに作用して薄毛を改善する治療薬です。女性はもともと体内の男性ホルモンがあまり多くないため、服用することでホルモンバランスが乱れる恐れがあります。

ホルモンバランスの乱れは頭痛や吐き気などのさまざまな不調のきっかけとなるだけでなく、さらなる薄毛や抜け毛を引き起こす可能性もあります。そのため、女性がプロペシアを服用することは身体に悪影響を及ぼすといえるでしょう。

プロペシアの副作用が妊婦に与える影響とは?

プロペシアとの接触を特に避ける必要があるのは、妊婦さんや妊娠の可能性がある女性です。

男の子を妊娠している場合、プロペシアの成分がお腹の赤ちゃんの生殖器の発達を阻害する恐れがあります。プロペシアはジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンを抑制することで男性のAGAを改善させますが、DHTは胎児の男性器を分化させる役割も担っているためです。

お腹の赤ちゃんを健やかに育むために、妊婦さんは特にプロペシアの接触に十分気をつけましょう。

プロペシアを触ることも危険!?

「プロペシアを飲まなければ影響はない!」と考えるかもしれませんが、プロペシアは皮膚から吸収されるため、身近な男性が服用している場合にも注意が必要です。

通常はコーティングされているため、じかに成分に触れる機会はほとんどありません。しかし割れたり砕けたりした錠剤に触れた場合、皮膚からプロペシアを吸収し悪影響を受ける可能性があるため注意しましょう。服用している男性が身近にいる場合、錠剤を割って飲まないよう、あらかじめ話しておくのもおすすめです。

女性はプロペシア服用者とキスするのも危険なのか?

成分への接触だけで悪影響があるということは、プロペシアを服用している男性とのキスや性行為も避けるべきなのでしょうか。

プロペシアは唾液に移行はしないといわれているため、キスを危険と考える必要はありません。精液に含まれる量も非常に微量なため、性行為もあまり心配する必要はないとされています。

ですが、子どもが欲しいと考えている夫婦の場合、万一のことを考えて1~3か月ほど前から男性にプロペシアの服用をやめるようすすめる医師もいます。赤ちゃんに悪影響が出てからでは取り返しがつかないため、医師やパートナーとよく相談し、パートナーのプロペシアの服用について決めましょう。

女性が使用できる治療薬とは?

ミノキシジル含有の発毛剤

ミノキシジルは男性の薄毛対策でもよく用いられる、現在日本で発毛効果が認められている唯一の成分です。クリニックで処方を受けるほか、ドラッグストアなどでもミノキシジルを配合した発毛剤を購入できます。

女性用はミノキシジルの含有量が少なめですが「含有量が多いほうが早く効きそう」と考えて男性用のものを使用すると、体に悪影響を及ぼすことも考えられます。必ず女性用の商品を使用しましょう。

ミノキシジルはもともと血圧の薬として開発されたものであり、妊婦さんや妊娠の可能性のある女性が内服するのは非常に危険とされています。事前に医師に相談したうえで、使用するかどうかを検討しましょう。

パントガール

パントガールは女性の薄毛に注目して開発された女性用の内服薬です。アミノ酸やビタミンなどの栄養素が主成分であるため、副作用などが少なく、サプリメントのような感覚で服用できるのが大きな特徴です。栄養不足を補い、頭皮環境を整えることで、健康な髪の毛が育ちやすいよう働きかけてくれます。

プロペシアが「男性用の飲む育毛剤」と呼ばれるのに対し、パントガールが「女性用の飲む育毛剤」と呼ばれることもあります。

パントスチン

パントスチンは男女ともに使用できる外用薬です。アルファトラジオールという有効成分がDHTの生成を抑制し、薄毛を改善するよう働きかけてくれます。

プロペシアと似た作用であるため「こちらも使えないのでは?」と感じるかもしれませんが、プロペシアよりも作用が弱いため、女性も使用できるとされています。

治療薬の購入方法とは?

治療薬の購入方法は主に「クリニックで処方してもらう」「ドラッグストアなどで市販されているものを購入する」の二通りです。

特におすすめなのはクリニックの受診で、個々の体質や症状に合わせた治療薬を処方してもらえます。市販の治療薬は「多くの人が安全に使える」ことを念頭に置いて作られており、作用が弱めの傾向にあるため、より効果的な薄毛対策を行いたい方は専門クリニックの受診を検討するのがおすすめです。


また治療薬の成分を配合している海外の薬を、個人輸入サイトなどで扱っているケースがあります。医師と対面しなくても入手できることや価格が安めであることなどから、個人輸入サイトを利用する場合もあるようです。

しかし薬の個人輸入には、代金を支払っても商品が送られてこない、異なる成分の配合された薬が送られてくる、体に有害な成分が入っているなどのさまざまなリスクが伴います。厚生労働省に認可されていない薬だと、副作用が起きても原因がわからず、すぐに対処できないこともありえます。

これらのリスクを避けるためにも、治療薬の入手にはクリニックやドラッグストアなどを利用しましょう。

Summaryまとめ
女性がプロペシアを使用するのは危険であり、特に子供が欲しい女性や妊娠中の方は注意が必要です。プロペシアは女性が薄毛を改善する手段にならないばかりでなく、皮膚から吸収し女性の健康に悪影響を及ぼす恐れもあるため、手に取らないようにしましょう。

女性の薄毛は主に生活習慣の乱れやストレス、血行不良などによって引き起こされることが多いといわれています。そのためプロペシアを服用するよりも、食事内容の見直しなどの生活習慣の改善や、パントガールなどの女性に向けて開発された治療薬などで対応する方が、結果につながりやすいと考えられます。無料カウンセリングを行っている専門クリニックへ相談するなどして、自分に合った治療薬を使用しましょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問田中洋平医師

【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断イメージ
電話相談・ご予約
0120-820-417
9:00~21:00(年中無休)
髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛・抜け毛の治療方法の記事一覧