女性の抜け毛の原因秋は脱毛症状が盛んになる季節です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の脱毛症状に要注意

秋の脱毛症状に要注意

季節の変わり目の中で、特に秋は抜け毛が多くなる時期です。理由はいくつかあり、動物の生態として冬の寒さに対応するために冬毛に生え換わるメカニズムの名残とする説や、夏場に頭皮にダメージを受け、さらに栄養に関しても不足気味であったしわ寄せが秋にくるためとも言われます。
特に夏は食欲不振による食生活の不十分さから、髪を生成する栄養分やメカニズムが崩れやすくなっています。
秋口の脱毛が一時的に増える分には心配はいりませんが、ずっと髪が抜け続けるようなら注意が必要です。
もし気になる兆しが現れたら、早めにケアを始めておきましょう。

正常な抜け毛量とは

正常な抜け毛量とは

髪が健康な状態のときにも毎日常に髪は抜け続けています。
その人の性別や毛髪量、また年齢やコンディションにもよりますが、だいたい1日に30~200本程度の範疇で脱毛は起きており、その範囲内であれば正常です。
ただ、髪の量が少ない人はその分抜け毛の量も少ないですし、逆に髪が多い人はその分毎日抜ける量も多くなります。つまり、抜け毛の本数だけでは薄毛につながるような異常なものかどうかはわからないということです。

気をつけるべきは、抜け毛の毛根の状態です。健康で正常な抜け毛とヘアサイクルの乱れから発生した抜け毛では、毛根の状態が異なっています。その状態をチェックすれば、季節の脱毛か毛根の退化が原因かを探ることができます。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

抜け毛の毛根の形状に注意

正常な抜け毛は、毛根部は丸く球状になっています。
これが毛根の退化からきた抜け毛の場合、毛根が細くとがったような状態になっています。
これは、毛包から髪への栄養補給がうまく行われなかったために、髪と毛根がやせ細ってしまい、ヘアサイクルとは関係なく脱毛してしまうことから起こる現象です。
もし秋になって抜け毛が増えたと思ったら、一度毛根の状態をチェックしてみましょう。先細りのような形の毛根であった場合には早急にケアを始めるべきです。

そのヘアケア方法が落とし穴

そのヘアケア方法が落とし穴

特に女性は、髪の美しさやヘアスタイルへのこだわりから、多くのケア用品とそれぞれの性質について追及する傾向があります。例えばシャンプー1つ取っても、よりさらさらで艶やかな髪にするために「潤い成分配合」などと表記されたものを使用し、さらにシャンプーとコンディショナーだけではなく、トリートメントや髪の美容液などさまざまなものを使って髪に栄養を与えようとします。
本来髪の健康とは頭皮の状態を正常かつ清潔な状態に保っていてこそ、もたらされるものです。シャンプーは、髪の汚れを落とすのももちろんですが、第一には頭皮にたまった汚れを取り除くこと、そして頭皮の血流を促すマッサージを含めて行われるべきです。そのため、シャンプーの際は頭皮を中心に指の腹でももむように洗うのがおすすめです。
また、トリートメントはできるだけ頭皮に触れず毛先から適量のみを使うこと。たくさんの量が頭皮に触れてしまうと毛穴のつまりや荒れの原因となります。
いずれもすすぎの際は頭皮に残らないようにしっかりと行いましょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の抜け毛の原因の記事一覧