1分アンケート

薄毛の予防法【医師監修】ヘッドスパが髪に与える影響とは

2021/04/05 更新

open

監修医師

AGAスキンクリニック レディース院
診療顧問 田中洋平医師

田中 洋平医師のプロフィール写真
【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事

監修医師プロフィールを見る

ヘッドスパが髪に与える影響とは

頭皮にハリがない、髪にツヤとコシがない場合は、ヘッドスパを試してはいかがでしょうか。血流の低下や乾燥などのトラブルが改善する可能性があります。また、顔の美容ケアにも役立つといわれています。ここでは、ヘッドスパが髪に与える影響について詳しくご紹介します。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

ヘッドスパの役割及びそれが続く期間

ヘッドスパは、頭皮と髪、顔の肌に良い影響を与えるといわれています。ヘッドスパの役割と持続期間について、詳しくみていきましょう。

薄毛予防

ヘッドスパは、手で頭皮を直接刺激することで血流を促すケアです。髪の成長に必要な栄養は、血液によって頭皮に運ばれます。ヘッドスパで血流を促すことで、頭皮への栄養の供給が高まり、薄毛予防に繋がる可能性があります。

ただし、薄毛の原因は、女性ホルモンの減少や悪玉男性ホルモンや不規則な生活、ストレスなど多岐にわたるため、ヘッドスパだけで薄毛を予防できるわけではありません。

白髪対策

白髪の原因は、髪を色づけるメラニン色素を生成するメラノサイトに異常が起きることです。メラノサイトの異常の原因は解明されていませんが、加齢や遺伝、ストレスなどが関係しているといわれています。

ストレスを受けると、血管が収縮することで血行不良になり、メラニン色素が髪に行き届かなくなる可能性があるためストレスケアに役立つヘッドスパは、白髪対策に繋がります。

頭皮環境の改善

ヘッドスパには、頭皮の血流促進や保湿などの作用があるといわれています。頭皮に十分な血液が行き渡ることで、頭皮のターンオーバー(新陳代謝)が整います。その結果、バリア機能が高い頭皮になり、外部刺激による頭皮トラブルが起こりにくくなるのです。

また、保湿作用も同様に頭皮のバリア機能を高めるといわれています。

疲労改善

ヘッドスパには、血流を促すことで疲労を回復する作用があるといわれています。もちろん、促されるのは頭皮の血流のみですので、身体全体への作用が働くわけではありませんが、頭皮のツボを刺激することで、目や肩、首まわりの疲労が軽減されるともいわれているため、試してみる価値はあるでしょう。

リフトアップ

頭皮と顔は1枚の皮膚で繋がっているため、頭皮がたるむと顔もたるみやすくなります。顔のたるみは加齢によるコラーゲンの減少なや筋力の低下など、さまざまな要因があるため、ヘッドスパだけで改善できるわけではありませんが、ヘッドスパで頭皮の血流を促すことでハリが保たれると、顔のたるみも改善する可能性があります。

アンチエイジング

アンチエイジング

ヘッドスパで頭皮や目の周りの血流を促すことで、顔色がよくなったり目元にハリが生まれたりするため、若々しい印象を与えやすくなります。ヘッドスパと顔のマッサージを併用すると、さらにアンチエイジング作用が高まることが期待できます。

リラクゼーション

ストレスが溜まると血管が収縮して頭皮への血流が低下します。ヘッドスパで頭皮が刺激されると、リラクゼーション作用によってストレスが和らぐため、頭皮への血流の改善が期待できるのです。また、アロマオイルを使用したヘッドスパでは、アロマの香りでストレス解消作用がさらに高まります。例えば、ラベンダーは副交感神経を優位にしてリラックス作用をもたらします。また、グレープフルーツはさわやかな香りで気持ちをリフレッシュさせてくれます。

その日の気分に応じてアロマオイルを使いわけるとよいでしょう。

ヘッドスパの種類

ヘッドスパには、いくつかの種類があり、それぞれ作用が異なります。ヘッドスパの種類と作用について、詳しくみていきましょう。

炭酸ヘッドスパ

炭酸ヘッドスパは、炭酸ガスの作用で毛穴に詰まった皮脂を取り除いたり、血行を促したりします。毛穴に詰まる皮脂は、頭皮の不快な臭いやベタつきの原因です。また、皮脂をエサに頭皮の常在菌が増えると、炎症が起こる恐れもあります。

炭酸ヘッドスパで皮脂詰まりを解消できれば、頭皮環境が整いやすくなります。

クリームバス

クリームバスは、植物や果実由来のクリームを使うヘッドスパです。頭皮の血行を促すだけではなく、クリームに含まれる栄養が頭皮に浸透して、健やかな頭皮環境へと導きます。さらに、アロマの香りによるリラックス作用も期待できます。

オイルヘッドスパ

オイルヘッドスパ

オイルヘッドスパは、オリーブオイルや椿オイル、ホホバオイルなど、保湿力が高いオイルを使用したヘッドスパです。頭皮の皮脂汚れを落としたり、うるおいを与えたりします。頭皮の乾燥や髪のパサつきが気になる方におすすめです。

オイルが肌に合わない可能性があるため、少量から試してみてください。

ヘッドスパの作用を実感できない場合の対処法

ヘッドスパの血流を促したりうるおいを与えたりする作用を実感できない場合は、次のように対処しましょう。

睡眠を見直す

ヘッドスパで頭皮の血流を促したりうるおいを与えたりしても、ターンオーバーのサイクルが乱れていると頭皮環境が悪くなります。ターンオーバーを整えるには、良質な睡眠によって成長ホルモンが多く分泌されている必要があります。

朝、起きたときに疲労感があったり、眠気が続いたりする場合は、睡眠の質が低下していると考えられます。睡眠の質を高めるために、寝る前のスマホ操作や飲酒、過度な運動などを避けましょう。

また、寝る2時間前に入浴すると、一時的に上がった体温が就寝時間に下がり、眠気が起こります。

栄養状態を見直す

どれだけ頭皮の血流を促しても、そもそも栄養の摂取量が不足していると頭皮環境を整えることはできません。

肉や魚、卵、野菜、果物、きのこ、海藻など、さまざまな食べ物をバランスよく食べましょう。どうしても栄養が偏る場合は、サプリメントで栄養を補うことも検討してみてください。

ストレスケアをする

過度にストレスが溜まっていると、ヘッドスパでは対処しきれないでしょう。良質な睡眠や適度な運動、趣味を楽しむなど、さまざまな方法でストレスを解消しましょう。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

薄毛が気になる場合はクリニックを受診

髪と頭皮への血流を促すことで発毛に良い影響を与えるヘッドスパですが、薄毛の原因は血流不足だけではありません。いたずらに続けても、薄毛が進行する恐れがあるため、クリニックを受診して適切な治療を受けることが大切です。

クリニックで治療を受けながら、セルフケアの一環としてヘッドスパを続けましょう。

Summaryまとめ
ヘッドスパによって、頭皮の血流を促したりうるおいを与えたりします。頭皮環境が整い、ツヤとコシのある髪へ導くことが期待できるため、頭皮や髪の不調が気になる方は試してみてはいかがでしょうか。美容院やリラクゼーションサロンなどで、プロのヘッドスパを受けるのもおすすめです。
ただし、ヘッドスパには薄毛を改善する作用はないため、薄毛が気になる方はクリニックを受診してください。

髪の健康診断のご予約はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛の予防法の記事一覧