1分アンケート

薄毛・抜け毛の治療方法【医師監修】女性型脱毛症(FAGA)の治療後も維持はできるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FAGAの治療を1回受けると、治療後の状態が維持されるのか気になる方は多いのではないでしょうか。FAGAは、治療を受けない状態では進行していく恐れがあるため、正しく治療を受けることが大切ですが、FAGAの治療方法によって、その作用がどのように維持されるのかは異なります。ここでは、治療後にはどのような選択があるのかご紹介します。

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

主なFAGA治療方法

FAGAの治療後も作用が維持されるかどうかをご説明する前に、まずは治療法の種類とそれぞれの特徴を確認しておきましょう。

外用薬

FAGA治療には、ミノキシジルなどの外用薬を使用することが可能です。ミノキシジルは毛母細胞の成長を促すことで発毛作用が認められている成分です。

内服薬

FAGA治療で使用する内服薬には、パントガールやルグゼバイブがあります。パントガールには、ケラチンやシスチン、パントテン酸カルシウムなどが含まれており、頭皮に栄養を与えて発毛を促すことが特徴です。

また、ルグゼバイブには生の馬プラセンタが含まれています。プラセンタに含まれる成長因子が毛母細胞を活性化させて、健やかな髪の成長をサポートします。

FAGAを効率よく治療したい方は、外用薬と内服薬の併用を検討しましょう。

メソセラピー

メソセラピーとは、頭皮に注射器で有効成分を注入する治療法です。使用する薬剤はクリニックによって異なります。一般的には、成長因子やミノキシジルなどを含む薬剤を使用します。

頭皮に注射針を刺すため、施術には痛みを伴うことがありますが、最近では痛みの少ない治療を導入するクリニックが増えてきています。

メソセラピーは、外用薬や内服薬との併用が可能です。効率よくFAGA治療を進めたい方は、医師に他の治療との併用を申し出てみてください。

自毛植毛

自毛植毛は、髪が生えているところを頭皮ごと採取し、髪が薄いところに移植する治療法です。頭皮ごと移植するため、髪をカットしても問題なく伸びます。ただし、植毛した周りの毛はそのままFAGAの影響下にあるため、植毛部分とそうではない薄毛部分に境目が目立つ可能性があります。

治療法別FAGA治療の作用の維持について

先述のとおり、FAGAの治療をやめたとき、薄毛が悪化してしまうかどうかは治療法によって異なります。作用が続くかどうかを治療法ごとに詳しくみていきましょう。

外用薬

ミノキシジルなどの薬剤によって発毛が促されていた場合、治療をやめてしまうと作用の維持は期待できません。

内服薬

パントガールやルグゼバイブなどの内服薬の服用によって髪の成長が促されていた場合は、治療をやめると髪の成長が遅くなる可能性があります。長期的な作用の維持は期待できません。

メソセラピー

メソセラピーは止まってしまった毛髪の成長シグナルを正常に戻していく治療法ですが、治療をやめてしまった後には徐々に治療前の状態へ戻りやすくなります。

メソセラピーによって薄毛の進行を抑制できていた場合に治療をやめると、薄毛が再び進行する可能性があります。

自毛植毛

自毛植毛は、1回の施術で済むため、治療をやめるといった概念がありません。自毛植毛に成功すれば髪が問題なく生えてきて薄毛が改善するため、作用の維持は十分に期待できます。ただし、植毛部分も永久的に維持されるというわけではありません。

FAGA治療の作用が維持できない理由

FAGAは原因となる要素をすべて取り除くことは難しく、完治を目指すことも難しいと言われています。外用薬や内服薬をやめると作用の維持が期待できないのは、薬の成分が身体に残ったり、髪が生えるメカニズムにアプローチし続けたりするわけではないためです。治療をやめて、薬の成分が体から抜けると再び薄毛が進行することや、FAGA自体の症状が悪化する可能性も考えられます。 

無料まずは医師に直接相談できる「髪の健康診断」から

髪の健康診断 セルフチェック

FAGA治療薬の減薬が可能なケース

FAGA治療薬を完全にやめると、再び薄毛が進行する恐れがありますが減薬にも注意が必要です。治療薬を減薬できるのは、髪が生えそろって、薄毛の悩みが解消されたときでしょう。

完全に治療をやめる場合と比べて、薄毛の進行はゆるやかになると考えられます。再び薄毛が気になってきたら治療を再開する方針で、減薬するのもよいかもしれません。いずれにしても、自己判断で減薬しないことが大切です。

効率的なFAGA治療の進め方

FAGA治療は、しっかりと発毛に働きかける治療をした後に、維持する方向の治療に切り替えるという流れで進めるとよいでしょう。

内服薬や外用薬などを併用した方が早く発毛を実感できる可能性があります。また、メソセラピーも併用すれば、さらに早く薄毛の悩みを解消できるでしょう。しかし、複数の治療を併用すれば、それだけ多くの費用がかかります。

FAGA治療のベストな進め方は、人それぞれ異なりますので、まずは信頼できるクリニックを受診して、医師のアドバイスを得ることが大切です。

薄毛専門クリニックの選び方

薄毛専門クリニックを選ぶときは、実績と治療法の種類に注目しましょう。実績が豊富な医師は、それだけ多くの症例を経験しているため、自分に合った治療方針を提案してもらえる可能性が高くなります。

また、治療法の種類が多いほど、自分に合った治療法が見つかりやすくなります。無理に高額な治療を勧めたり、親身になって相談にのってもらえないと感じるクリニックは、避けた方がよいでしょう。

患者さんの話に耳を傾け、十分な説明をしたうえで治療法を提案してくれる医師を選ぶことが大切です。

Summaryまとめ
FAGAの治療後に作用が維持されるかどうかは、治療法によって異なります。自毛植毛以外の治療法は、やめることで薄毛が再び進行する恐れがあるため、薄毛治療はできる範囲で続けていくことが大切です。ただし、髪が十分に生えそろった場合には、減薬していくことが可能かどうかを医師に相談してもよいでしょう。費用や薬を使用し続けることの負担なども踏まえて、自分に合ったベストな治療計画を立ててください。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問田中洋平医師

【資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
【所属学会】
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

髪の健康診断のご予約はこちら

髪の健康診断 セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい薄毛・抜け毛の治療方法の記事一覧