AGAスキンクリニック レディース院(旧東京ビューティークリニック)の活動

  1. 薄毛・女性薄毛のトップ>
  2. AGAスキンクリニック レディース院(旧東京ビューティークリニック)の活動>
  3. AGAスキンクリニック レディース院の治療が世界的に認められました。

AGAスキンクリニック レディース院の治療が世界的に認められました。

AGAスキンクリニック レディース院の治療が世界的に認められました。

女性型脱毛症(FPHL)の併用療法の論文「Combination Therapy to Treat Asian Female Pattern Hair Loss」を発表しました。

2019年9月3日、AGAスキンクリニック レディース院の診療顧問である田中洋平医師をはじめ、統括診療部長の麻生泰医師らが、AGAスキンクリニック レディース院で行っている、オリジナル発毛薬「Rebirth lady(リバースレディ)」とメソ治療「Dr’sメソ(ドクターズメソ)」を併用した治療法が有効だという論文をScientific Research Publishing(SCIRP)が発行する、皮膚科医専門誌のJournal of Cosmetics,Dermatological Sciences and Applications(JCDSA)で発表され、その効果が認められました。

AGAスキンクリニック レディース院でもどのような治療法が日本人(アジア人)の女性にとって効果的なのかを研究してきました。
この論文では、2013年~2018年の6年間、4,568人の女性患者さまを対象として、治療を行った結果を著述しています。

女性型脱毛症は、女性にとって外見上の印象を大きく左右するためQOL(Quality of life)に与える影響が大きく、有効な治療の研究・開発は重要な課題となっています。
薄毛を隠す方法としてウィッグやかつらなどが一般的ですが、医療で女性型脱毛症を治療することがあまり一般的には広まってはいません。
女性の脱毛症は発生時期や抜け毛の範囲、パターンが男性のAGA(男性型脱毛症:androgenetic alopecia)とは異なり、女性型脱毛症(female pattern hair loss:FPHL)と呼ばれ、年齢とともに進行し、有効な治療を行わないまま放置すると、薄毛・抜け毛の症状は進行していきます。

女性に有効な治療法は、1日1回の内服と、1日2回の外用薬を塗布、月1回の注射治療を6~12ヶ月行った結果、対象の患者さまの95%~96%で脱毛症の改善が認められました。 治療による重度の合併症はなく、ごく軽度の合併症(注射によるわずかな痛みと出血、わずかな動悸、腫脹、頭部以外での発毛、頭痛、めまい、かゆみなど)が出た患者さまは全体の4.9%でしたが、どれも自然に解決しました。 この研究の結果から、「Rebirth lady」「Dr’sメソ」の併用治療は女性型脱毛症(FPHL)に対して、合併症も最小限に抑えた安全で有効な治療法であることが確認されました。

論文(英語)はこちらからご覧いただけます。

論文で効果が認められた発毛治療

著者紹介

診療顧問 田中洋平医師のご紹介

アンチエイジングや発毛分野で様々な研究を行い、国際誌での英語論文数、英語著書数が業界世界一で、発毛治療の未来に貢献している臨床医・医学研究者です。

田中 洋平医師のプロフィール写真
【経歴】
2000年 3月 信州大学医学部医学科卒業
2000年 5月 信州大学医学部付属病院医員(研修医)
2007年 4月 クリニカ タナカ 形成外科・アンティエイジングセンター 開設
2010年 3月 信州大学医学部より学位(医学博士)取得
2012年 5月 新潟薬科大学客員教授
2012年12月 東京女子医科大学皮膚科非常勤講師
2017年 5月 AGAスキンクリニック レディース院(旧東京ビューティークリニック) 診療顧問 就任
【所属学会・資格】
日本形成外科学会専門医
医学博士(信州大学)
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢学会会員
日本熱傷学会会員
日本救急医学会会員
日本フォトダーマトロジー学会理事

開発者兼統括診療部長 麻生泰医師のご紹介

麻生泰医師のプロフィール写真
【経歴】
1999年 3月 藤田保健衛生大学医学部 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修医 終了
2001年 4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修終了
2001年 5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年 1月 大手美容外科 院長、診療部長を歴任
2004年 5月 東京美容外科を設立
2011年 AGAスキンクリニック統括診療部長となる
2014年 7月 東京美容外科 東京銀座院の院長となる
2015年 4月 医療法人社団東美会 理事長となる
2018年 3月 医学博士号取得(慶応義塾大学)
2018年12月 東京美容外科 東京赤坂院の院長となる
2019年 4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師
【海外経歴】
韓国ハンリム医科大学にて形成外科研修留学
(ソーインソック教授の元、ふくらはぎの選択的神経切断手術・スリムレッグを学ぶ)
韓国BK東洋クリニックにて美容外科留学
(顔面輪郭骨切り手術の世界的権威であるDr.ホンのもとで 顔面骨切り手術を集中的に学ぶ)
韓国シンミアン美容外科
(鼻形成専門美容外科のチョンドンハク先生のもとで鼻中隔延長手術等、鼻形成手術について重点的に学ぶ)
中国延世保健病院 診療アドバイザー
【所属学会・資格】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
医学博士(慶応義塾大学)
おすすめプラン
頭皮検査実例の写真

無料で頭皮の健康状態を
Checkしませんか?

マイクロスコープ診断を予約する