女性の薄毛対策女性の抜け毛対策はこれ!おすすめ対策18選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の抜け毛対策はこれ!おすすめ対策18選

ヘアスタイルのボリュームが物足りないと感じるときや、抜け毛の多さに気がつくと、外出するのもなんだか憂鬱になってしまいます。そんなとき、どんな対策を考えますか?
方法を調べるとたくさん見つかるものの、男性と女性では原因が異なる場合も多く、どの方法が最適か悩みがちな抜け毛対策。抜け毛のメカニズムと効果的な抜け毛対策を知ることができれば、無理なく抜け毛を減らすことができますよね。この記事では抜け毛の主な原因や、薄毛に悩む女性におすすめの抜け毛対策方法18選をご紹介します。すぐに始められる方法をたくさん集めましたので、ぜひ試してみてくださいね。

抜け毛の原因

抜け毛対策の方法を知る前に、対策すべき抜け毛について見てみましょう。
肌のターンオーバーなどと同様に髪の毛にも生えかわりがあるため、ある程度の抜け毛は誰にでもあります。一般的には、1日に50本~100本程度の髪の毛が自然に抜けるといわれています。 そのため、1日に100本以上の髪の毛が抜け続ける状態は注意が必要だと考えられます。
とはいえ、自分の抜け毛の本数を正確に数えることは難しいですよね。お風呂の排水溝にたまる髪の毛の量が多く感じるというときや、朝起きたときの枕に落ちている抜け毛が多く感じるという場合などに、対策をとるのがよいといえるでしょう。
また本数だけでなく、抜け毛の状態にも注目してみましょう。抜ける毛が細く短いものばかりだった場合、髪の毛が成長しきる前に抜け落ちている可能性があるため、頭皮環境や育毛状態を改善するのがおすすめです。

それでは、抜け毛の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
まずは、物理的な力が加わることが挙げられます。髪の毛を強く引っ張ったらもちろん抜けますし、同じ場所に長時間力をかけ続けることで抜けることも考えられます。いつも同じヘアスタイルや分け目にしていることが、抜け毛の原因となることもあります。
また頭皮環境が不潔なっている場合や、髪が紫外線などによってダメージを受けたなども、抜け毛の原因として考えられます。女性の場合には、出産や過度なダイエットなどが引き金になって抜け毛を引き起こすケースもあり、原因を見極めてケアをしていくことが大切です。
より詳しく抜け毛の原因について知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみてください。

もっと抜け毛の原因について詳しく知りたい方はこちら

おすすめの抜け毛対策ケア1:シャンプーの頻度やタイミングを見直す

髪や頭皮のケアとして基本となるのはシャンプーです。シャンプーの頻度やタイミングなど、自身のシャンプー習慣を見直してみましょう。
おすすめのシャンプーの頻度は、「1日に1回程度」です。
薄毛に悩む人は「シャンプーをするとたくさん髪が抜けてしまうから、シャンプーの回数を減らしたい」と考える方もいます。しかし「3日に1回」というように回数を減らしたとしても、3日分の抜け毛がシャンプーの際に一気に抜けるだけなので、抜け毛対策になるとはいえません。それどころか、シャンプーをしないことで頭皮を清潔に保つことができず、抜け毛の原因になってしまうことも考えられます。
一方で頭皮を清潔に保つために「1日に3回」などシャンプーをたくさんすればいい訳ではありません。頭皮や髪に必要以上の刺激を与えてしまうため、逆効果になる可能性があります。皮脂を落としすぎることにより、かえって過剰な皮脂の分泌を招く恐れもあります。
また、意外と見落としがちなのが「シャンプーのタイミング」です。頭皮を清潔にし、育毛環境を整えたい場合、シャンプーは夜に行うのが良いでしょう。シャンプーは朝にしようと考えて夜はそのまま眠ってしまうと、1日の汚れを頭皮に残したまま長時間放置することになり、皮脂の酸化などを招いてしまいます。
清潔な頭皮を保つためにも、シャンプーは夜に行い、どうしても朝もシャンプーをしたいという場合は、少なめのシャンプーで軽く洗うか、ぬるま湯だけで洗い流すようにしてくださいね。

おすすめの抜け毛対策ケア2:シャンプーの方法を見直す

なんとなく洗っていると、実は誤った方法でシャンプーをしていたということにもなりかねません。誤った方法でのシャンプーは、汚れを落とせないだけでなく、頭皮や髪のトラブルを招いて頭皮環境を悪化させるなどの恐れもあります。
抜け毛を悪化させないためにも、正しいシャンプー方法を見直しておきましょう。

湯洗いは丁寧に行う
シャンプー剤をつける前の湯洗いをどれくらい重視していますか?「シャンプーを泡立ちやすくするために髪を濡らす」と考えてはいないでしょうか。
最初の湯洗いを丁寧に行うことで、シャンプーが泡立ちやすくなるだけではなく、ほこりや汗などの汚れをかなり落とすことができるといわれています。そのため「濡らす」ではなく「洗う」という気持ちで、たっぷりのお湯で洗い流しましょう。
またシャンプーやコンディショナーのあとのすすぎも、すすぎ残しのないようにしっかりと行うのがポイントです。すすぎ残しは汚れとなり、頭皮環境によくありません。耳の横や生え際などの、すすぎ残しやすい部分に気をつけるようにしてくださいね。
シャンプーは泡立ててから使用する
シャンプー剤を手に取ってすぐ髪につけ、洗いながら泡立てると、髪の毛に摩擦が生じて刺激になる恐れがあります。シャンプー剤は泡立ててから髪にのせ、さらに少しずつお湯を足して泡立てながら洗いましょう。
爪を立てずに指の腹で洗う
頭皮がかゆい、汚れをしっかり落としたいなどの理由で、爪を立ててゴシゴシ洗ってしまうと、頭皮を傷つけて炎症を起こし、頭皮環境を悪化させる恐れがあります。指の腹で洗うことを心がけ、頭皮を傷つけないようにしてくださいね。

おすすめの抜け毛対策ケア3:濡れた髪は放っておかずきちんと乾かす

おすすめの抜け毛対策ケア3:濡れた髪は放っておかずきちんと乾かす

シャンプー後の濡れた髪の扱いにも注意が必要です。
ドライヤーを使うと熱によるダメージへの懸念から、髪を乾かずに自然乾燥に任せるという人もみられます。しかし濡れた状態の髪はダメージを受けやすいため、長時間そのままにしておくのはおすすめできません。そのままの状態にすればしばらく時間が経って髪の毛は乾いたように見えても、頭皮に湿り気が残ることがあるでしょう。その結果、雑菌が繁殖しやすくなるなどの頭皮環境の悪化を招く恐れもあります。
ダメージを抑えるドライヤーでの乾かし方をご紹介しますので、自然乾燥ではなく、できるだけきちんと乾かすようにしてくださいね。

先にしっかりとタオルドライをする
ドライヤーの前にしっかりとタオルで水分をとることで、熱風を当てて乾かす時間を短縮することができます。
タオルドライの際には、吸水性の良いタオルを使用し、ゴシゴシこすらずにポンポンと髪の毛をタオルに当てて水分を吸い取るよう意識してみてください。先述の通り、濡れた髪はダメージを受けやすいため、こするとダメージヘアにつながります。
髪とドライヤーは20cm以上離して使用する
ドライヤーは髪から20cm以上離すことで、熱によるダメージを抑えることができます。一か所に熱風が当たり続けることがないよう、ドライヤーを振るようにして乾かしましょう。
根元部分を乾かすことを意識する
毛先と根本どちらから乾かすのが良いのかというと、根元から乾かすのがおすすめです。根元は乾きにくいことや、毛先はドライヤーによるダメージを受けやすいことなどが理由として挙げられます。
特に髪が長い場合、根元を乾かしている間に毛先が乾いている、ということも多いです。

おすすめの抜け毛対策ケア4:ヘアカラーやパーマなどを控えたおしゃれを工夫する

ヘアカラーやパーマは、気軽にできる髪のおしゃれのひとつです。特に女性は、パーマやカラーなどのさまざまな組み合わせでヘアスタイルを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。
しかしヘアカラーやパーマは薬剤を使用して髪の毛に刺激を与えるため、大きなダメージの原因となることも多いです。髪のダメージによる抜け毛や薄毛を抑えるには、できるだけヘアカラーやパーマに頼らない髪のおしゃれをするのがおすすめです。
とはいえ、ヘアカラーやパーマを急にやめるのは難しい、やめたくないという方もいますよね。その場合はヘアカラーやパーマの頻度を抑えるなど、髪の毛を休ませてあげる期間を設けてみてください。
また市販の薬剤を使用して自分で染めるのではなく、ヘアサロンで美容師さんに施術してもらいましょう。誤って頭皮に薬剤を付着させてしまい、ダメージを与えてしまうリスクを軽減することができます。

おすすめの抜け毛対策ケア5:毎日のヘアスタイルを見直す

ヘアカラーやパーマに頼りすぎないヘアスタイルをおすすめしましたが、抜け毛対策としてどんなヘアスタイルが良いのでしょうか。ヘアスタイルは、いつも同じにせずにバリエーションを持たせることが大切です。いつも同じヘアスタイルにしていると、抜け毛や薄毛のリスクが高まってしまうためです。
髪をいつも同じ位置できつく結んでいる、という方は要注意です。脱毛症のなかに「牽引性脱毛症」というものがあり、これは髪を同じ位置できつく結び続けることが原因で生じるものです。髪を結ぶ際には、結ぶ位置を変えたり、ニュアンスを変えてゆるめに結んだりと、バリエーションを持たせてみましょう。
また髪の分け目をずっと同じにしていると、紫外線の影響などで、そこから抜け毛が広がってしまうことがあります。髪の分け目を変えるのは難しそうですが、ヘアドライの際に分け目を変えて乾かしたり、ピンなどを使用したり、自分で変えることができます。
ヘアスタイルをワンパターンにせずにバリエーションを持たせることにより、抜け毛対策とともに、毎日のおしゃれに幅を持たせることもできます。あまりチャレンジしたことがないというヘアスタイルも試してみることで、新たな魅力を発見することができるかもしれません。

おすすめの抜け毛対策ケア6:発毛や育毛に良い食品を食事に取り入れる

食事内容は抜け毛対策の要となる部分です。発毛や育毛に良い栄養素を含む食材を知り、食事に取り入れてみましょう。

髪の毛の原料となる栄養素と食材
健康な髪の毛を育んで抜け毛対策をするのに欠かせないのが、髪の毛の原料となる栄養素です。アミノ酸、ケラチンなどのたんぱく質が重要で、髪の毛の構成成分の99%を占めているといわれています。
たんぱく質は赤身の肉や魚介類、大豆、乳製品などに含まれています。
また、ケラチンの生成に必要なL-システインも注目したい成分で、サケや羊の肉、オートミールなどに含まれています。
髪の毛の成長を助ける栄養素と食材
原料であるたんぱく質を髪にするときに必要なのが、亜鉛などのミネラル類です。ミネラルは身体から失われやすい成分であることから、意識して摂取するのがおすすめです。牡蠣や豚のレバーなどに含まれています。
女性ホルモンの働きを助ける栄養素と食材
抜け毛対策にホルモンは重要な役割を果たしており、女性ホルモンの一種であるエストロゲンには豊かで美しい髪を育てる働きがあります。そのエストロゲンの働きを補ってくれるのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンはその名の通り大豆に含まれており、豆乳や豆腐、納豆などの大豆の加工食品からも摂取することができます。

おすすめの抜け毛対策ケア7:食事の栄養バランスを見直す

抜け毛対策に良い栄養素やそれらが含まれる食品ばかりを食べていれば抜け毛対策ができるわけではありません。髪の毛の原料になるからといってたんぱく質を含む食品ばかり食べていても、髪の毛の生成や維持のために必要な栄養素が足りていなければ、抜け毛・薄毛対策にはなりませんよね。
偏った食事や過度なダイエット、インスタント食品やファストフードなどのとりすぎは栄養不足を招き、抜け毛の原因となります。抜け毛対策に効果のある食品を取り入れながら、バランスの良いメニューを心がけましょう。

おすすめの抜け毛対策ケア8:過度な飲酒を控える

お酒の飲みすぎは身体によくないといわれていますが、健康な髪の毛の維持にもよくありません。過度な飲酒はどのように、髪に影響を与えるのでしょうか。
飲酒をすると、エチルアルコールという成分が体内に取り込まれます。エチルアルコールはアセトアルデヒドという有害な物質を体内に作り出すため、無害化する必要があります。無害化する際に、髪の成長や維持に大切な亜鉛やアミノ酸、ビタミンBなどの栄養素が大量に失われてしまいます。そのために過度な飲酒は抜け毛や薄毛を招いてしまうと考えられます。
お酒を飲むときには、飲みすぎないように気をつけましょう。

おすすめの抜け毛対策ケア9:喫煙習慣を見直す

喫煙も身体に害を及ぼすといわれている習慣のひとつで、こちらも健康な髪の成長や維持に悪影響があります。
たばこを吸うと血管が収縮することから、頭皮への血流が疎外されてしまう恐れがあります。頭皮の血流が悪くなると、髪の毛を生成・維持するための栄養が足りなくなり、髪の毛の生成が止まる恐れもあるのです。
喫煙にはほかにも、生活習慣病や呼吸器の病気につながるなど、身体への悪影響が多くあります。抜け毛対策だけでなく身体全体の健康にも、できるだけ禁煙するのが望ましいといえるでしょう。

おすすめの抜け毛対策ケア10:十分な睡眠時間を確保する

忙しいとつい削ってしまいがちな睡眠時間ですが、抜け毛対策のためには十分な睡眠時間を確保するのが大切です。髪の毛を育てるための成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されることから、睡眠不足は抜け毛や薄毛につながります。睡眠が足りないことで、ストレスのもとになることも考えられます。
また成長ホルモンが多く分泌されるのは、22時から2時にかけての4時間だといわれています。仕事などの関係で、22時に眠るのは難しいという方が多いかもしれませんが、できるだけ意識して早めに就寝するようにしましょう。。

おすすめの抜け毛対策ケア11:睡眠の質を見直す

睡眠時間をきちんと確保すると同時に、質の良い睡眠がとれるような工夫もおすすめです。たっぷり時間があったとしても、眠りが浅く頻繁に目が覚めるような状態では、十分な睡眠がとれているとは言いにくいですよね。
睡眠の質を高めるには、環境を整えることと、快適な睡眠の準備をすることが大切です。
眠る環境は、騒音や眩しい光に悩まされない、適度な温度の空間作りをしましょう。そして、寝る直前の食事を控える、寝る前にパソコンやスマホを見ないようにするなど、ちょっとした工夫で良質な睡眠がとれるようにしてください。

おすすめの抜け毛対策ケア12:髪の紫外線対策をする

日焼けによってダメージを受けないよう、外出時には肌に日焼け止めクリームなどを塗りますよね。それと同様に、髪も紫外線によってダメージを受けるため、UVケアが必要です。
髪のUVケアには、日傘や帽子などで紫外線を防ぐ、UVカットスプレーを使用するなどの方法があります。肌のUV対策と同時に、髪のUV対策も忘れずにするようにしましょう。

おすすめの抜け毛対策ケア13:自分なりのストレス発散方法を用意する

おすすめの抜け毛対策ケア13:自分なりのストレス発散方法を用意する

日常のストレスをためないことも、抜け毛対策には大切なことです。
とはいっても、ストレスの原因となることは多く、完全に取り除くのは困難ですよね。そのため、自分なりにストレスを発散できる方法を見つけておくのがおすすめです。ストレス発散方法として、カラオケなどへ行って大きな声を出す、好きなものを食べる、思いきり体を動かすなどがあります。自分に合ったストレス解消方法でストレスをためすぎないようにしましょう。

おすすめの抜け毛対策ケア14:頭皮マッサージをする

抜け毛対策として、頭皮マッサージがあります。頭皮をマッサージすることには、血行の促進や毛穴の詰まりの解消、リラックスなどのメリットが挙げられます。 簡単にできるマッサージ方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。 マッサージには、親指以外の4本の指を使用してください。

1まずは、首の付け根と耳まわりのマッサージを行います。
首の後ろの付け根から上に向かって3回程度に分けて押します。そのあと、耳の下のくぼみに指を当て、内回りにまわすようにしてほぐしてください。
2耳の上あたりから頭頂部にかけて、側頭部を数回に分けて押しながらほぐしていきます。
3後頭部、前頭部、頭頂部という順に押してもみほぐします。
4同じ順で、頭皮をほぐすように内側にまわしながらマッサージします。
5両手で頭皮全体を包み込むように頭を抱え、頭皮を引き上げます。そのあと、息を吐きながら、引き上げた頭皮を下ろすようなイメージで撫でるように下ろしましょう。

過度なマッサージは頭皮への刺激となり、逆効果となる可能性があるため、1日に3回程度行ってください。

おすすめの抜け毛対策ケア15:ツボの刺激をする

頭皮マッサージだけでなく、抜け毛対策に効果を発揮するツボを刺激することで、より効果が期待できます。ツボは指の腹を使ってゆっくりと、息を吐きながら押しましょう。 抜け毛・薄毛対策に役立つツボをご紹介します。

百会
両耳を結ぶ線と鼻からの延長線が交差する、頭のてっぺんにあるツボです。血行促進により、頭皮環境をよくする効果に期待できます。
天柱
首の後ろの、髪の生え際部分にある、2本の太い筋の外側のくぼみにあるツボです。ホルモンや皮脂のバランスを整えるだけでなく、ストレス緩和や肩こりの緩和などに期待できます。

おすすめの抜け毛対策ケア16:抜け毛対策につながるシャンプー選びをする

抜け毛対策のために、毎日使用するアイテムを見直したいと思っている方は、抜け毛対策につながるシャンプー選びをしてみましょう。 シャンプー選びの際に注目したいのは、配合されている成分です。
発毛成分として知られていて、多くの発毛剤などにも配合されている「ミノキシジル」、髪の毛の強化などに期待できる「ペプチド」などの成分が配合されているかどうかを意識してみましょう。
記事内にて紹介した、正しいシャンプーの方法も確認して使用することで、より抜け毛対策効果に期待できます。

おすすめの抜け毛対策ケア17:漢方やサプリメントを使用してみる

抜け毛対策に大切な栄養素を補ってくれるサプリメントや漢方薬を使用するという対策方法もあります。近年では、女性の抜け毛に焦点を当てたサプリメントなども登場しています。
漢方薬では、それぞれの体調や抜け毛・薄毛の背景に隠れている不調などを考慮し、血流やホルモンバランス、自律神経の安定などで抜け毛対策を目指します。

おすすめの抜け毛対策ケア18:医療機関に相談する

ここまで抜け毛対策のセルフケア方法をご紹介してきましたが、抜け毛の背後には思わぬ病気が隠れている場合があります。そういった場合は、セルフケアで抜け毛を改善することは難しいといえます。
また医療機関に相談することで、どんな方法が自分の抜け毛対策に合っているのかを確認したうえで対策を行うことができる可能性が高まります。
抜け毛が気になる際には、皮膚科やAGA専門の医師への相談を視野に入れてみてください。

まとめ

女性の抜け毛対策ケア方法18選をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
このように、抜け毛対策にはたくさんの方法があり、すぐに実行できるものばかりです。ヘアケア方法や生活習慣・食生活など、できることから少しずつ改善を図ってみてください。
ただ、抜け毛や薄毛の原因とかみ合っていない対策を行っても、あまり効果が感じられないことが考えられます。セルフケアではなかなか改善しない場合や、専門的な治療を受けたいという場合には、専門の医師に相談してみてくださいね。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の薄毛対策の記事一覧