女性の薄毛対策女性が男性化している?薄毛に悩む女性が急増中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性に増えている薄毛の要因は男性化?

性に増えている薄毛の要因は男性化?

現代では男性のみならず女性でも多くの人が悩んでいる「薄毛」の症状。社会での活躍や多様化した生活習慣により、女性もさまざまなストレスを受けることが増えたためと言われています。そして、さらに「女性の男性化」という現象が関係していることはご存知でしたか?少々ショッキングな印象も与えかねない「女性の男性化」とはいったいどのようなことなのでしょうか。


その実態と原因、また、薄毛の症状とはどのような関連があるのかをご紹介していきましょう。

女性の男性化とは?その実態と原因

女性の男性化とは、体毛が濃くなる、ひげが生える、声が太く低くなるなど、まるで男性であるかのような現象が現れることです。

ではなぜ、そのようなことが起こるのでしょう。原因は「ホルモンバランスの崩れによる男性ホルモンの分泌促進」と言われています。

本来、女性の体にも5%ほどの男性ホルモンが存在しているのですが、毛髪に大きな影響を与える量ではありません。しかし「閉経」を迎えると女性ホルモン「エストロゲン」が減少し、男性ホルモンの割合が増えてしまうのです。また、閉経前の世代でも、働きすぎやストレス、乱れた生活習慣などは、ホルモンバランスの崩れを促すきっかけとなってしまいます

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

薄毛との関連は?

では、「女性の男性化」と薄毛の症状とは、どのような関連があるのでしょう。

女性ホルモン「エストロゲン」は毛髪を守るために大切な役割を担っています。しかしそれとは反対に、髪を生み出す細胞を弱らせてしまう物質が男性ホルモンの一種「ジヒドロステロン(DHT)」です。男性型脱毛症(AGA)に悩む人の多くがこのホルモンの影響を受けています。

エストロゲン減少によるホルモンバランスの崩れから、男性ホルモンの割合が増加した状態が続くと、本来であればエストロゲンによって守られているはずの女性の毛髪にも影響が出てきます。そして、男性と同じように抜け毛や薄毛の症状が現れてしまうのです。

ホルモンバランスを維持するには

ホルモンバランスを維持するには

閉経による女性ホルモンの激減は加齢とともにやってくるやむを得ない現象ですが、あらかじめの知識と心構えにより適切なケアをしていれば、女性ホルモンの減少を緩やかにすることが可能です。また、女性ホルモンの分泌に大切なのは「リラックス」入浴や睡眠、休息でストレスを上手に解消したり、正しい食事習慣を心がけるなど、ゆったりとした気持ちで生活することが世代を問わず大切なのです。

女性ならではの薄毛の悩みを相談できる女性専用のクリニックも多くあります。ひとりで悩まず、専門家のアドバイスを受けてみることも心強い方法のひとつです。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の薄毛対策の記事一覧