女性の育毛ケア頭皮を清潔に保って、育毛環境を整えましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭皮を清潔にして毛母細胞の活性化を

頭皮を清潔にして毛母細胞の活性化を

髪の毛の成長は、頭皮の毛根部分にある「毛母細胞」が関わっています。毛母細胞が正しく活発に働かなければ、健やかな髪を育てていくことはできません。

頭皮の毛穴につまった皮脂や汚れが解消されない状態が続くと、頭皮の血行が悪化し、毛母細胞にも悪影響を与えてしまいます。また、間違ったシャンプー選びや洗髪方法によっても起こる可能性があります。

毛母細胞の働きを正常化し育毛環境を整えるために必要な、正しいケアに関する情報をご紹介します。

育毛環境を整える第一歩は「毛穴の汚れを落とすこと」

「頭皮を清潔に保つ」ということは「頭皮の毛穴の汚れを取り除く」ことです。

毛穴の汚れは主に「皮脂」や「ほこり」などです。これらの汚れが付着したままの頭皮は、空気中の雑菌が付着しやすく、繁殖しやすい環境です。 また、頭皮に汚れがある状態で汗をかくと、かゆみが生じます。そこで頭皮を引っ掻いてしまうと、そこから炎症してしまう可能性もあります。

そのため、頭皮のケアにおいて「毛穴の汚れを取り除くこと」は、育毛環境を整える第一歩なのです。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

注意!「清潔な頭皮」にも皮脂は必要

注意!「清潔な頭皮」にも皮脂は必要

毛穴につまった皮脂を取り除くことを目的とした専用シャンプーは数多くありますが、使用するうえで忘れてはいけないことは「清潔な頭皮」を正しく認識することです。

「皮脂は落とした方が良い」というイメージを持たれがちですが、頭皮の皮脂は、水分が過剰に蒸発することを防ぎ、潤いを保ち、紫外線から受けるダメージをブロックするという大切な役割をもっています。

そのため、頭皮の洗いすぎは、健やかな頭皮づくりにおいてNG。皮脂と水分がバランス良く保たれていることが、健康な育毛環境には必要なのです。

頭皮の皮脂バランスが整う生活習慣を

頭皮の皮脂バランスが整う生活習慣を

頭皮を清潔にするということは、髪についた汚れやほこり、整髪料、そして古く、余分な皮脂を落とし、適量な皮脂量を保つことです。

シャンプーだけで頭皮の皮脂を適量に保つことは無理があり、日常生活を見直すことも大切です。脂肪分の高いインスタント食品やファストフード、また糖分を摂りすぎると脂肪が体内に蓄積されやすくなり、皮脂の分泌が過剰になってしまう傾向があります。

頭皮は、ケアの方法だけではなく、生活習慣の影響も受けています。正しい認識をもち、育毛に適した頭皮づくりを目指しましょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の育毛ケアの記事一覧