女性の発毛方法パソコンなどのブルーライトが発毛の邪魔に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーライトが髪に及ぼす影響

ブルーライトが髪に及ぼす影響

現代は会社でも自宅でもパソコンを使用しますし、屋外では携帯電話やスマートフォン、タブレットなど手軽に持ち運べるものがありますから、ブルーライトを見ている時間が長くなっています。

このブルーライトが、発毛のさまたげになっていると自覚している方は少ないでしょう。 ブルーライトは強い光であり、目を疲れさせます。

目を使い過ぎると薄毛や抜け毛を引き起こしますから、ときどき休憩を取るなどすることが必要です。

夢中になって画面を見ていると、目の周辺や肩など血行を悪化させます。頭皮に栄養が運ばれにくくなりますから、血行が悪くなることは避けるようにしましょう。

メチオニンとは

メチオニンとは

パソコンを仕事で使うこと以外に、家に帰ってからゲームをするなどして長時間使い続けている人が大勢います。

目の周りや肩、首などが凝ることが当たり前の状態になってくると、顔から頭の血行が全体的に低下します。

頭皮は血行が悪い状態がストレスになるので、薄毛や抜け毛につながります。

必須アミノ酸のメチオニンは、髪と目に使用されています。メチオニンは目を酷使することで少なくなりますから、その分髪に届かなくなります。

紫外線を浴びたり眼精疲労になると目の網膜は傷つきますが、メチオニンには網膜を修復する働きがあります。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

日常的にできる対処法

パソコンの使用などで目が疲れたら、ときどき首や肩などをマッサージをしたりストレッチを行ってほぐすようにしましょう。

ブルーライトを数%遮断できる、パソコンメガネを使用する方法もあります。目の疲れを予防することがわかっていますから、ぜひ使ってみてください。

紫外線も青い光なので、パソコンやスマホをあまり使わないという方でも、外出時には保護をした方が安心です。

これまでにパソコンメガネの効果を実感したという方は、線を見るのが辛い、強い光を見るのがつらい、ピントが合わなくなったなどの症状が緩和したということです。

ぜひ発毛に利用してみてください。

液晶画面から目を守ろう

液晶画面から目を守ろう

青色の強い光であるブルーライトは、パソコン以外にも液晶画面から発せられています。

発毛のためにはクリニックに行くというのもいいですが、パソコンメガネで日常的な影響を抑制させることも大切です。

目が疲労しにくくなった、朝起きられるようになった、以前は夜なかなか寝付けなかったがすみやかに寝つけるようになった、眠りが深くなったなどいい変化を実感している方が多くいます。 液晶画面を見る時間を減らせたらいいのですが、仕事などはなかなかそうもいきませんので、ぜひパソコンメガネなどを活用し目を守りましょう。

この記事の監修医師

AGAスキンクリニック レディース院 診療顧問麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
AGAスキンクリニック レディース院 ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の発毛方法の記事一覧